ゴアの燃料電池技術、現代自動車の最新の燃料電池自動車「NEXO」をサポート


2018年2月26日

日本ゴア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ピート・クビッツネ)は、韓国の大手自動車メーカー、現代自動車の最新の燃料電池自動車「NEXO」に、W. L. Gore & Associates(以下、ゴア)の「ゴアセレクト® メンブレン」が採用されたと発表しました。すでに大きな注目を集めているNEXOは、水素を燃料とするSUVタイプの燃料電池自動車で、排出物は水だけです。2018年1月に米国ラスベガスで開催されたCES® 2018で発表され、高く評価されました。また、韓国の平昌で開催された冬季五輪で実車走行が行われました。

現代自動車の第4世代燃料電池自動車となるNEXOは、現代自動車グループが過去20年間にわたり、燃料電池技術を開発してきた成果です。NEXOは前世代車と比べ出力が11%、トルクが70lbf・ft (94N・m)以上増加しているほか、加速性能が向上しています。また、一充填走行距離が370マイル(595km)で、高速ウォームアップを実現する燃料電池システムにより-20ºF(-29ºC)の低温下でも始動が可能になり、性能が向上しています。

現代自動車グループは2001年以来、燃料電池自動車を製造してきました。燃料電池スタックの水素燃料と酸素間の電気化学反応を促進するゴアのゴアセレクト® メンブレンは、現代自動車の全世代の燃料電池自動車に採用されています。

ゴアセレクト® メンブレンは現代自動車グループの厳しい耐久性/品質基準を満たすとともに、燃料電池スタックの電力密度とコールドスタート性能の向上に貢献します。

ゴアはPEM(プロトン交換膜)燃料電池技術で世界をリードしています。ゴアセレクト® メンブレンは要求の厳しい燃料電池自動車アプリケーションの業界標準であり、トヨタ自動車株式会社の「MIRAI」や本田技研工業株式会社の「クラリティFUEL CELL」などの市販されている燃料電池自動車に採用されています。

ゴアの燃料電池技術は、市販の定置用燃料電池など自動車以外の用途にも広く使用できる技術です。ゴアセレクト® メンブレンは、パナソニック株式会社の家庭用コージェネレーション・システム「エネファーム」に採用されており、長年の使用に対する長期耐久性が実証されています。

温室効果ガス排出量削減に向けた取り組みが強まる中で、多くの国が乗用自動車だけでなく、バスやトラックなどの商用自動車、フォークリフトなどの特殊自動車で燃料電池/水素技術の使用を促進する方法を探っています。ゴアが1980年代前半に燃料電池業界に参入して以来、ゴアの燃料電池部材はすでに世界各国で数千のアプリケーションに採用されています。  

ゴアセレクト® メンブレン

ゴアセレクト® メンブレン

W. L. Gore & Associates(ゴア)について

ゴアは、業界に変革をもたらすことで人々の生活の向上に全力を尽くしている、技術主導型の企業です。1958年の創業以来、私たちは要求レベルの高い環境における複雑な技術的課題を解決する企業として、その評判を築いてきました。― GORE-TEX® ファブリクスでアウターウエア業界に革命を起こしたのをはじめ、生活を改善し命を救う医療機器の開発、また航空宇宙、製薬、モバイルエレクトロニクス、その他多くの分野で新たなレベルのパフォーマンスの実現に寄与してきました。またゴアは、チームワークを大切にする企業文化を持つことで知られており、Great Place to Work® Instituteから継続的に評価されています。デラウェア州ニューアークに本社を置き、約9,500人のアソシエートを擁し、年間売上は30億ドルを超えています。

詳細は、www.gore.com をご参照ください。

*日本ゴア株式会社は W. L. Gore & Associates(ゴア)の一員です。

GORE-TEX, GORE, ゴア, ゴアセレクトはW. L. Gore & Associatesの商標です。その他の商標に関する権利は、各権利者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先