ゴア® TAG® コンフォーマブル胸部大動脈ステントグラフト アクティブコントロールシステム
世界中で20万本以上の使用実績

  

コンフォーマビリティとコントロール


  

ユニークなアンギューレーションコントロールにより
360度のウォールアポジションを意図した設計


Controlled. Conformable. Predictable.

コンフォーマブル ゴア® TAG® デバイスによって実証されたコンフォーマビリティに
コントロール機能を追加した改良型ディプロイメントシステムです。

Controlled. Conformable. Predictable.

  

6-33%のオーバーサイジング幅

コンフォーマブル ゴア® TAG® デバイスは、6-33%のオーバーサイジング幅により、
患者の解剖と病態にフィットする適切なラジアルフォースのデバイスを選択できます。


  

コンフォーマブル ゴア® TAG® デバイスは、
適応されている全ての病態で成績が示されています

米国臨床試験5年フォローアップ成績

全ての病態において証明された長期成績

頼れる性能ー全ての病態において証明された長期成績

米国臨床試験(治験)の文献 ※リンクをクリックすると出版元のウェブサイトが開きます。


  

デバイスの特徴とパフォーマンス


  

エンドバスキュラー治療のパートナーとして

TEVARの発展のために尽力しています

  • ヨーロッパ、米国、そして日本で初のTEVARデバイスとしての承認を取得
  • 大動脈瘤、B型解離、外傷性大動脈損傷のすべての病態における適用が承認された初めての胸部大動脈ステントグラフト治療デバイス2,3
  • 日本で初めて慢性B型解離に対する適用の承認を取得2
  • 展開時のコントロールを目的としてステージドディプロイメントを採用した初のデバイス2
  • 20年にわたる胸部大動脈ステントグラフト治療の経験
ゴアのTEVARの歩み

1. ゴア® TAG® 胸部大動脈ステントグラフトシステム 承認番号:22000BZX00185000
2. ゴア® CTAG 胸部大動脈ステントグラフトシステム 承認番号:22500BZX00427000
3. ゴア® CTAG 胸部大動脈ステントグラフトシステムの胸部下行大動脈瘤への適応は日本では2013 年に承認されました。
4. GORE ® TAG® デバイスは臨床試験用および実臨床用として2020 年9 月23 日までに全世界で202,000 個以上が使用されています。(社内資料)
2021 年8 月現在


販売名:ゴア®CTAG胸部大動脈ステントグラフトシステム 承認番号:22500BZX00427000