ドライブラインおよびドライブトレイン向けゴア® オートモーティブベント

アクスルやLSC (Limited Slip Coupling)、トランスファーケース、トランスミッションを設計する際には、自動車市場のグローバル化に対応するため、各種機能の耐久性を高める努力が求められます。ドライブライン及びドライブトレイン向けゴア® オートモーティブベントは、独自の技術によりこの課題を解決します。

製品概要

コストは抑えながらも、厳しい状況に耐えるよう設計されています。

アクスルやLSC、トランスファーケース、トランスミッションは、牽引や走行中の水の飛沫、断続的な水没、気象条件の変化といった厳しい使用条件であっても、安定した性能を発揮しなければなりません。環境異物からこれらの自動車部品を保護するために採用されてきた個別仕様の長いチューブアセンブリや圧力増強を伴うばね荷重を使用したベントのような従来の通気方法では、ドライブトレインやドライブラインの信頼性を損なうという欠陥があることが私たちの研究で明らかになっています。

ゴアでは、ドライブトレインやドライブラインの信頼性を、長く、確実に維持するべく、独自の特許取得ベントフィルター製品を開発しました。ゴアのオートモーティブベント一個で従来の複数のベント部品を置き換えられるケースも多く、組み付け作業の手間、さらには全体のコストの削減が期待できます。私たちは、自社ベントフィルターの性能を世界中で、実地でも、ラボでも、また実車でも試験をしています。

私たちの試験とお客様の経験が示すように、ゴアの各種ベントは、以下の特長により、車両本体がその役目を終えるその時まで、確かな性能を発揮します。

  • 環境異物に耐える / 粉じん、砂、土ぼこり、泥はねを遮断
  • 水の浸入を防止 / 雨、散水、飛沫、水没に耐える
  • 高い通気量により速やかに圧力を均等化、極端な温度条件にも対応

長年、ゴアはアクスルやLSC、トランスファーケース、トランスミッションの設計を前進させるため、世界のサプライヤーと提携してきました。オートモーティブベントに関する私たちの専門知識と緊密な提携を通じて、世界中のメーカーから、ドライブトレイン部品やドライブライン部品がしっかりと守られていると評価いただいています。

製品仕様

ゴアは、ドライブラインおよびドライブトレイン向けオートモーティブベントを製造しています。私たちは、ベント一つひとつについて徹底した試験と評価を行い、その性能の一貫性と信頼性を確認しています。

ドライブラインおよびドライブトレイン用途についてのお問い合わせはこちら。それぞれの用途に必要な事項を評価いたします。

パワートレインベント パワートレイン向けゴア® オートモーティブベント(GPV)AVS41
  AVS41
型番 製品型番: AVS41
供給形態別型番 VE2048
部品/用途 アクスル、トランスファーケース、トランスミッション、パワーテイクオフユニットその他の部品のパワートレイン部品
オートモーティブベントの主な機能 内圧調整、粉じん・土ぼこり・ごみからの保護、水の浸入からの保護
全体寸法 35 mm (高) X ⌀ 27mm
メンブレンのタイプ AM6XX(撥水・撥油性ePTFE)
取り付け方法 ゴムチューブを介して取り付け
使用温度 -40℃~125℃(連続)
標準通気量 150 L/h @70 mbar
耐水圧(アセンブリ) ≥ 34.5kPa (345 mbar,5.0 psi)、 60秒
使用上の注意事項 オートモーティブベントはフルードのつかない位置でご使用ください。また、長期間の使用において確実に性能を発揮するためにも、各部品の点検は必要です。オートモーティブベントの配置および用途の詳細についてご相談があれば、ゴアまでご連絡ください。
オートモーティブベント取り付け箇所 ゴムチューブについての推奨事項:最小肉厚 - 3.0mm、硬度 - ショアA硬度70、締付具不要、材料例 - CSM

トランスミッション、パワートランスファーユニット/トランスファーケース、アクスルやLSCには、性能と信頼性を確保するために必要な専門的な用途条件が課せられます。それぞれに共通して、極端な温度や圧力変動のように性能に影響しうる条件が挙げられます。これらの困難な条件一つひとつについて、ドライブラインおよびドライブトレイン向けゴア® オートモーティブベントに試験を行い、ピーク性能を実現できることが確認されています。

トランスミッション
トランスミッション

トランスミッションは通常運転時の温度変化、重い荷重、浸水などを被りますが、そういったことが圧力の上昇につながります。正しいベントソリューションによって内圧が調整されない場合、ガスケットやシールが破損する場合があります。これによって、トランスミッションフルードの漏れや、粉じん、泥、砂、水のような汚染物質がトランスミッションに入り込み、それが性能と信頼性の低下につながることがあります。ゴア® オートモーティブベントAVS 41は、内圧を調整し、環境の脅威からトランスミッションを保護することによって、性能と長期的信頼性を維持します。

パワートランスファーユニット/トランスファーケース
パワートランスファーユニット/トランスファーケース

トランスファーケースとパワートランスファーユニットは、多くの場合、内部体積が小さいため、高温差に耐えることが要求されます。これらの設計条件から迅速に内圧を調整するために十分な通気量が要求されます。ゴア® オートモーティブベントAVS 41は、慎重な取扱いを要する流体や部品を粉じん、泥、砂、水といった有害な環境汚染物質からも保護しつつ、こうした要求に応えることが可能です。

アクスルおよびLSC
アクスルおよびLSC

アクスルとLSCは、路面と接近した高さに設置されることが多いため、厳しい環境条件とサスペンション振動を受けます。これらの機器は、牽引、水没、氷、泥、極端な天候などの厳しい使用条件においても、安定した性能を発揮しなければなりません。これらの自動車部品を保護するために採用されてきた、個別仕様の長いチューブアセンブリや圧力増強を伴うばね荷重を使用したベントのような従来の通気方法では、信頼性を損なう欠陥が多く見られます。ゴア® オートモーティブベントAVS 41は、これらの条件下で内圧を調整するだけでなく、内部のフルードと部品を外部汚染から保護し、製品寿命を伸ばします。

関連資料

最新ニュース

プレスリリース

ゴア® オートモーティブベントの新製品を発表

公開日: 2017年5月17日

日本ゴア株式会社は、本日、オートモーティブベントの粘着材付きシリーズの新製品を発表しました。新製品のAVS110は外径5mm、厚さ0.34mmと小型で、限られたスペースでの設計に最適です。

ニュース

エンジンルームの電子機器に、より小さなベントで大きな効果:ゴア® 粘着材付きベント新製品 AVS110

公開日: 2017年5月15日

センサーやコントロールユニットの高度化、高価値化にともない、ハウジングの小型化と内部構成の高密度化が進んでいます。オールメンブレン構成のゴア®粘着材付きベントAVS110は、エンジンルームや足回りの過酷な環境でのセンサーやコントロールユニットの保護に向けた、新たなソリューションです。

ニュース

新製品 ゴア®オートモーティブベント 溶着組付シリーズ:厳しさを増す車載電子機器の信頼性要求に対応する革新的テクノロジー

公開日: 2017年3月30日

ゴア®オートモーティブベントは、各種エレクトロニクス、ランプ、パワートレイン部品に対して、性能向上、信頼性向上、コスト低減に貢献します。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。

関連製品