信頼されるパフォーマンスを目指して。 これまでも、これからも。

末梢血管用ステントグラフトの特徴

ePTFEグラフト メカニカルバリア

ePTFEグラフト メカニカルバリアー

病変をカバーし封じ込めることで、再狭窄を抑制することが期待されます。

CBAS® Heparin Surfaceの持続的な抗血栓性

ヘパリン分子の端部が共有結合技術によりデバイス表面へ固定化されているため、長期にわたり管腔内の抗血栓性の向上が期待されます。


ゴア® バイアバーン® ステントグラフト

【適応】

  1. 10 cm長以上の浅大腿動脈の病変を有し、対照血管径が4.0–7.5 mmの範囲にある症候性末梢動脈疾患患者の血流改善。
  2. 胸部、腹部または骨盤にある動脈(大動脈、冠動脈、腕頭動脈、頚動脈、椎骨動脈および肺動脈を除き、対照血管径が4.0–12.0 mmの範囲であること)の外傷性または医原性の血管損傷による血液漏出を止めるのが困難な患者の緊急治療での使用。
  3. 人工血管内シャントの静脈側吻合部における狭窄又は閉塞の治療に使用。

【デザイン・特徴】

Endoluminal bypassの役割

Endoluminal bypassの役割

• Endoluminal bypassを実現するための最長25 cmまでのステントグラフト
• 血管壁の病変部をカバーして、封じ込める
• 内膜増殖による組織浸潤を防ぐメカニカルバリア機能

追従性と耐久性を兼ね備えた設計

追従性と耐久性を兼ね備えた設計

• ゴア独自の設計、フレーム構造によりひずみを抑え、耐久性を実現
• 柔軟性により、屈曲部での血流を維持し、解剖学的に幅広く選択が可能

使いやすさ

デバイスの使いやすさ

• 豊富なラインナップで、幅広い患者のニーズに対応
• デバイスの視認性を向上させるX線不透過マーカー
• ロープロファイルのデリバリーシステムにより、通貨困難な病変でも送達が可能

【国内臨床試験成績】

バイアバーン® ステントグラフト国内臨床試験 1, 2

本試験は、浅大腿動脈における症候性末梢動脈疾患患者に
バイアバーン® ステントグラフトを使用した、日本の多施設前向き研究です。

ゴア® バイアバーン® ステントグラフト国内臨床試験

* 5年時
1. "Ohki T, Kichikawa K, Yokoi H, et al. Outcomes of the Japanese multicenter Viabahn trial of endovascular stent grafting for superficial femoral artery lesions. Journal of Vascular Surgery 2017;66(1):130-142.e1. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S074152141730383X
2. Ohki T, Kichikawa K, Yokoi H, et al. Long-term results of the Japanese multicenter Viabahn trial of heparin bonded endovascular stent grafts for long and complex lesions in the superficial femoral artery. Journal of Vascular Surgery 2021;74(6):1958-1967.e2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/ S0741521421010119

 

ゴア® バイアバーン® VBX バルーン拡張型ステントグラフト

【適応】

腸⾻動脈に新規病変又は再狭窄病変がある症候性末梢動脈疾患患者の⾎流を改善する⽬的で使⽤する

【デザイン・特徴】

ステンレススチールの独⽴リングステント

ステンレススチールの独⽴リングステント

• 柔軟性・追従性の向上
• 短縮を最⼩限に抑える
• ⾼い拡張⼒

柔軟性のあるカテーテルおよびステントグラフト

柔軟性のあるカテーテルおよびステントグラフト

• 対側アプローチが可能
• 留置されたステントグラフトが解剖に追従

セミコンのカバードバルーン

セミコンのカバードバルーン

• 径を調整可能
• ステントグラフトの保持⼒と送達性能の向上

フルオロポリマーグラフトのテクノロジー

フルオロポリマーグラフトのテクノロジー

• テーパー形状を可能にする

【海外臨床試験成績】

キッシングステントやTASC II C/Dのサブグループを含むすべての 患者の3年次結果

キッシングステントやTASC II C/Dのサブグループを含むすべての患者の3年次結果

* Data on file 2020; W. L. Gore & Associates, Inc.; Flagstaff, AZ.
† (P < 0.001) Statistically significant change from pre-procedure.
1. Panneton JM, Bismuth J, Gray BH, Holden A. Three-year follow-up of patients with iliac occlusive disease treated with the Viabahn Balloon- Expandable Endoprosthesis. Journal of Endovascular Therapy. 2020;27(5) 1-9. https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1526602820920569


25年以上の歴史があるGORE® VIABAHN® デバイスファミリーの変遷

継続するデバイスの変遷






PDFを閲覧する


バイアバーン® ステントグラフトは世界各国で長年の実績・実証があります。

世界各国におけるゴア® バイアバーン® ステントグラフトの実績・実証


販売名:ゴア® バイアバーン® ステントグラフト 承認番号:22800BZX00070000
販売名:ゴア® バイアバーン® VBX バルーン拡張型ステントグラフト 承認番号:22900BZX00309000

CBASは、W. L. Gore & Associates, Inc. の完全子会社であるCarmeda ABの商標です。
ゴア、GORE、Together, improving life、バイアバーン、ブイビーエックス、VBX、VIABAHNおよび記載のデザイン(ロゴ)は、W. L. Gore & Associatesの商標です。