ゴアのテクノロジー

ゴアにおいて、新しいテクノロジーや新製品開発の原動力となっているのは、外の世界に焦点を当て規律をもったイノベーションです。私たちは材料科学の専門知識と市場洞察力を集結することによって、医療機器から、緊急現場でファーストレスポンダーとなる警察・消防関係者を保護するファブリクスまで、人々の生活をより良いものにするソリューションを提供します。

概要

ゴアの製品ラインアップは、あるときは患者の回復を助けます。またあるときは、南極大陸の容赦ない気候の中でも冒険家に快適さを提供します。あるときは、二酸化炭素排出量を削減し、さらには火星探査車マーズ・ローバーから地球への信号伝送をサポートします。

1958年以来、ゴアは人々の生活をより良くするための製品を開発してきました。こうしたソリューションを生み出す中心にあるのは、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)という素材です。この素材は、高い引張強度、低誘電性、耐紫外線性、その他多くの優れた特性を備えています。1969年にボブ・ゴアが延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)を発見したことにより、PTFEの可能性はさらに大きく広がりました。

創業者たち

以降、ゴアはePTFEやその他のフッ素ポリマーを活用する傑出した専門技術を開発してきました。ゴアのエンジニアは、材料の構造、形状、厚み、表面形状を変化させ、補材と組み合わせることで、アプリケーションやお客様の要望に応える性能品質を実現します。そうして完成する製品は、強靭性または透過性、硬性または柔性、薄膜または肉厚といったさまざまな特性を備えるだけでなく、その他様々な特性との組み合わせによって最終用途の要件を満たします。

ゴアは創業当初から、世界のお客様が抱える困難な課題の解決に情熱を注いできました。製品必要性の初期提案から市場での販売まで、ゴアの真摯な取り組み全体にその情熱が表れています。

  • 好奇心:外部の水を遮断して肌をドライに保つことから、化学薬品容器の漏れ防止まで、お客様の要望を聞き、課題を分析して、その裏に潜む問題点を特定します。
  • コンピテンシー:競合他社と一線を画す価値の高いソリューションを提供するために、ゴアが持つフッ素ポリマーに関する科学知識をどのように活用すれば良いかを判断します。
  • コミットメント:ゴアは製品に厳しいテストを課すことで、使用開始時から一貫して不具合のない完璧な製品性能を提供し、お客様のニーズと用途を確実に満たします。

ゴアは創業当初から、大小さまざまな方法で人々の生活をより良いものにするために、イノベーションを創出し、推進してきました。2,000件を超えるゴアの特許と、それらが可能にする多様な製品の一つ一つの出発点は、「より良い生活のために、ゴアはどのように貢献できるか?」という疑問と科学的な好奇心が生まれた瞬間にあるのです。

ePTFEストーリー

1938年、デュポン社によってPTFEは発見されました。強靭な合成ポリマーであるPTFEは、バルブやシールから調理用具まで、幅広い用途に用いられるようになりました。

1950年代後半、デュポン社に勤務していたビル・ゴアは、コンピューター産業の躍進を目にし、PTFEを初期コンピューターのワイヤー絶縁体に使用する可能性を見いだしました。その直観に従い、そして妻のヴィーヴの後押しもあり、ゴア夫妻は1958年1月1日に自宅の地下室でW. L. Gore & Associatesをスタートさせました。彼らの最初の製品は、MULTI-TET™絶縁ワイヤー&ケーブルでした。

キャンプするゴア一家

ゴアはPTFE絶縁ケーブルとケーブル部品のメーカーとして、急速に成功を収めました。創業わずか2年後には、7.5マイル(約12キロメートル)のリボンケーブルをコロラド州デンバー市に販売することに成功。1969年7月21日に月へ向かったNASAアポロ11号計画には、ゴアのケーブルも搭載されていました。

デンバー

こうした成功は、ゴアの物語の序章に過ぎません。

ビルとヴィーヴの息子ボブ・ゴアが1963年に会社に加わりました。ボブもまた、企業家でありイノベーターでもありました。1969年、ボブは10年前の父と同じようにPTFEに注目し、この材料をさらに活用する可能性を模索しました。もしPTFEを延伸できれば、空気含有量が増加し、材料はより軽量で柔軟、かつ低コストになると彼は考えました。

ボブはPTFEの延伸実験を行います。最初はロッド状(棒状)のPTFEに熱を加え、両端から徐々に伸ばそうとしましたが、ロッドは毎回破断してしまいました。

いら立ちを募らせたボブは、あるときPTFEロッドを勢いよく引っ張りました。するとなんとロッドは元の10倍の長さに延びたのです。

ePTFEを伸ばすボブ・ゴア

彼は即座にこの意味を理解しました。可能性が広がる!延伸された材料には70パーセントもの空気含有率があり、そこに補材を充填することが可能です。驚くほど軽量でありながら高強度なePTFEは、多用途な多孔質材料として、ゴアの中核技術の適用範囲を大幅に広げる鍵となりました。ゴアはこの延伸ポリマー材料に備わる多くの特性を生かし、未知の概念の模索と新たな可能性の探求に取り組み始めました。

ゴアは約半世紀にわたり、ePTFEの画期的な発見を通じて、様々な産業において革新をもたらしてきました。ゴアの製品ラインアップは多様です。フィルターやベントなど、液体・固体・微粒子を封じ込めるソリューション。スマートフォンの音質を保護するベント。宇宙探索に用いられるePTFEファイバーを用いて作られたテキスタイル。世界で4,000万件超の使用実績を持つ医療器具。そして、防風性、耐久防水性、透湿性を備え、冒険を愛するアウトドア愛好家に圧倒的な快適さと保護性能を提供するラミネートファブリクスです。

ePTFEは、極めて多方面に活用できる性質を備えています。ePTFEのユニークな特性を生かして人々の生活をより良くできる可能性がある限り、新たな技術開発、イノベーション、製品化へのゴアの取り組みは続きます。

ePTFEとは?

ePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)は、ゴアの多くのソリューションの中核となる素材です。フッ素分子と炭素分子を含む線状ポリマーであるPTFEを延伸することで開発されたePTFEメンブレンは、高い重量比強度や生体適合性、優れた温度耐性、その他多くの望ましい特性を備えた多孔質構造材料です。

特性

  • 高空孔率
  • 低空孔率
  • 薄膜
  • 広幅
  • 長尺
  • クリーン(ガス放出無し)
  • 非発じん性
  • 高温用途
  • 低温用途
  • 取り扱いが簡単な形状
  • 生体適合性
  • 高表面積
  • 化学的不活性
  • 低摩擦係数
  • 高充填可能性
  • 耐紫外線性
  • 不燃性
  • 音響透過性

性能特性

  • 導電性
  • 熱伝導性
  • 触媒活性
  • 化学的活性
  • 吸収作用
  • 磁気作用
  • 抗菌効果
  • 防臭効果
  • 耐放射線性
  • 反射性
  • 選択的透過性
  • 透明性/不透明性
  • 寸法安定性
  • 高誘電率
  • 低誘電率
  • 多様な硬度と剛性
  • 界面エネルギーの高/低
  • 耐摩耗性の高/低
  • 不透過バリア性
  • 流量制御

このたった一つの素材が、ギター弦、スキージャケット、そして火星探査車マーズ・ローバーのケーブルといった非常に多様な用途に使用できる理由は何でしょうか。その答えは、求められる用途と機能に合わせてePTFEを調整することができるからです。

ePTFEの形状

ゴアはePTFEを加工し、次のような性質を与えることができます。

  • 密度、空孔率、厚さ、面方向または断面方向の配向、様々な形状や非対称性などを用途に応じて変化させた多様な構造
  • テープ、メンブレンやフィルム、チューブ、ファイバー、シート、ロッドなどの種々の形状
  • 高い価値を備えた最終製品の製造を可能にするGore独自の多彩な改質技術

ePTFEメンブレンは、点状のノードとそれらを結ぶフィブリルで構成されます。ゴアのエンジニアは、材料科学の専門知識を用いてフィブリルとノードの形状を変化させ、通気量や組織内部成長への耐性といった機能を、用途に合せて最適化します。

ePTFE SEM

例えば、ゴア® 人工衛星用ケーブルとGORE-TEX® ファブリクスを使用したジャケットを見比べた時、この2つの共通点はいったい何かと不思議に思うでしょう。どちらの構造もメンブレン層が含まれます。しかし、ノードとフィブリルから成るその内部構成は両者で大幅に異なります。ケーブルのメンブレンには情報伝送に適した構成が、ジャケットのメンブレンには身体を快適に保つ機能を実現する構成が用いられています。

ePTFEの用途

液体浸透耐性、生体適合性、低誘電性、その他多くの幅広い特性を備えるePTFEは、過酷な環境下で使用されるゴア製品やさまざまな用途で、重要な役割を果たしています。体内で使用される医療器具から、エベレスト登山用の衣料品、そして宇宙から信号を伝送する電子ケーブルに至るまで、ゴアの製品は、お客様の期待とエンドユーザーの要望に応える傑出した性能と信頼性を提供します。

ゴアは1969年にePTFEを発見して以来、ePTFEと補材の科学専門知識に、個々の用途要件への深い理解を重ね合わせて、製品を開発してきました。ePTFEをはじめとする各種フッ素ポリマーの用途が一つ増えるごとに、ゴアは人々の生活をより良いものにする新しい機会を提供していきます。