環境保護

ゴアは責任あるイノベーションに全力で取り組んでいます。ゴアが提供する製品とサポートは、米環境保護庁(EPA)基準の達成を目指すお客様を支援します。

すべての製品カテゴリー・事業分野を見る

責任あるイノベーションを目指し続けてきたゴアにとって、環境を尊重することは当然のことです。ゴアは、シール材、フィルター製品、燃料電池技術などのソリューションを通じて、さまざまな業界やメーカーに対して、排出の削減と環境に配慮した事業の実現に向けたサポートを提供しています。

化学薬品から電力、ユーティリティ業界まで、ゴアはEPA基準の達成を目指すさまざまな業界をサポートしています。例えば、ゴア® 水銀除去システムは、EPA規制を順守するために作られました。このシステムは積み重ねが可能なモジュール型であり、長い製品寿命を誇ります。排煙ガス流から金属水銀や酸化水銀を除去し、またSO2の蓄積を減らします。

しかし、地球環境を守るためにすべての業界の賛同が必要な状況となった今、一つの製品だけでできることは限られます。私たちは、製品全体を通じて、またあらゆる業界のお客様を通じて、環境責任を果たし、お客様の収益達成に貢献するソリューションを提供いたします。これは環境と、お客様の事業目標を両立するソリューションです。

環境への配慮が当然の時代となり、そしてそのような認識は世界共通のものとなっています。大気汚染と気候変動への懸念は、メーカーや消費者に対して、地球環境への関わり方を再考するよう迫っています。私たちは地球から何を奪い、代わりに何を押し付けているのでしょうか。

多くのメーカーにとって、環境責任を果たそうという機運は倫理規範的なところから来ています。こうした取り組みによって、地域や国内で要求される厳しい環境基準への対応を可能にすることも確かです。

メーカーは難しい立場に立たされています。環境責任と事業ニーズを天秤にかける必要があります。規制を順守し、そのことを社会へアピールし続けると同時に、収益を高めるにはどうすればよいのでしょうか?

ゴアの製品は、こうしたジレンマを解決します。効果的に作動し生産性や生産量を向上させながら排出削減を可能にする製品を、幅広く提供しています。

環境保護への貢献のために

責任あるイノベーションを目指し続けてきたゴアにとって、環境を尊重することは当然のことです。ゴアは創業以来、健全な科学の原則に則り、生活の質を改善する製品を開発してきました。その中には、困難な環境課題の解決をサポートする製品も含まれます。ゴアは、大気、水、エネルギー資源、そして廃棄物の管理にしっかりと貢献することを目指しています。 これは企業として、そして個人としての私たちの責任です。

フィルター製品、シール材、その他の製品群にわたるゴアの努力に対して、イギリスの公害対策技術賞(UK Pollution Abatement Technology Award)が授与されました。この栄誉は、公害削減・予防技術に関するゴアの功績が認められたものです。その後間もなく、1991年には、大気汚染設備の主要メーカー団体である産業ガス浄化協会(IGCI)にメンバーとして迎え入れられました。この組織は現在、クリーンエアー企業協会(ICAC)と呼ばれており、ゴアは正会員として継続的に参加しています。

環境に対するゴアの取り組みは、テキスタイル業界にも及んでいます。ゴアは、サスティナブルアパレル連合(SAC)の設立メンバーです。この組織は、「不要な環境汚染を生み出さず、自らの活動と関係する人々や地域社会に良好な影響を与える」アパレルおよびフットウェア業界の形成をサポートすることを目指しています。また、1992年には、製品やプロセスにライフサイクルアセスメントを適用することによって、環境負荷の積極的な削減を目指す、最初のファブリクス製品製造業の1つとなりました。GORE® ファブリクスは、環境保護への取り組みを報告する年次レポートをリリースし続けています。

産業用シーラント

産業分野の製造・加工環境で使用される有害な化学薬品は、現場の作業者と周囲の環境の双方を守るために厳密な管理が必要です。とりわけ、メーカーが順守を求められる排出規制を考慮すれば、管理の徹底は当然のことと言えます。化学薬品の管理で必要なのは、容器、ポンプ、バルブおよび配管システムにおいて確実に信頼のおけるシール材の存在です。そこでは、ゴアが提供するような信頼性の高いシーリングソリューションが求められています。

産業用集塵装置

ゴアのシーリングソリューションは、製造業に対する厳しい環境要件の順守をサポートします。

ゴア独自の延伸PTFE(ePTFE)メンブレンは、化学的に不活性であり、ePTFEからなる製品はさまざまな化学薬品への耐性を備えています。ゴアは1971年に、ePTFEをシーリングソリューションへ導入する機会を得て、化学環境における強力なシーリング機能を実現しました。同年、GORE-TEX® プラマーテープ、GORE-TEX® ジョイントシーラント、GORE-TEX® バルブステムパッキンの発売を開始し、これ以降の数十年間に、数多くのシーリング製品を発売してきました。代表的な製品として、アスベストの代替となったゴア® GFO® ファイバーや、フッ素ポリマー分野におけるイノベーションにより2004年のデュポン社プランケット賞を受賞したゴア® ユニバーサルパイピングガスケットがあります。

ゴアは現在まで、技術・通信、製薬、化学薬品をはじめとするさまざまな業界に対して、シーリングソリューションを提供し続けてきました。私たちが呼吸する空気中への有害物質の放出を防ぐと同時に、製造プロセスのクリーンで安全かつ効率的な稼働を支えています。

産業用フィルター製品

汚染管理は、製薬、通信、石油・ガスをはじめとする多くの業界で必須となっています。ゴア® フィルトレーションプロダクトは、産業排気中の微粒子の99.9%をろ過し、規制要件の順守と製造プロセス管理を目指すメーカーをサポートします。

1973年に発売したゴアフィルターバッグは、「表面ろ過」というゴアの先進的な概念を採用した最初のフィルター製品です。フィルトレーションメディアの深層部で粒子を捕えるフィルターでは、経時的に粒子が蓄積し、物質が通過できなくなることがあります。これに対して、ゴアのフィルターは、ゴアが独自開発したePTFEメンブレンの表面で粒子を止め、払い落とす仕組みになっています。GORE-TEX® フィルターバッグは1979年、アスベスト誌によって、フィルター業界における金字塔的製品として高く評価されました。数年後の1985年には、セメント工場のアルカリバイパスシステムで使用される最初の実用フィルターバッグを開発しました。

1982年には、液体フィルトレーション用の最初の製品を開発しました。この製品は、地下水やその他の液体に対して使われるフィルターに、空気中で使用される乾式フィルターと同じ機能を持たせたものです。ゴアが開発したこれらの技術は、染料や顔料、有害な液体を製造する工場、製薬工程からの排出削減に貢献しています。

現在のゴアは数多くのフィルター製品を提供しており、有害な粒子をろ過しクリーンな空気とすることにより、環境保護に貢献しています。ゴア® 低排出フィルターバッグは、厳しい環境規制を順守し、優れたシルトレーション機能を提供します。デュポン社のプランケット賞を受賞したゴア® タービンフィルターは、ガスタービンエンジンの空気取り入れ口において、内部に損傷をもたらす粒子を除去します。これにより、エンジンの燃料消費を減らし、運転の効率性と信頼性を高めます。ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、高温の産業環境で使用され、有害なフランとダイオキシンを分解します。ゴア®水銀除去システムは、石炭ボイラーやセメント工場で使用されます。この製品は、ガス中の酸化水銀や金属水銀を吸着する特別な技術によって、各種製造業における規制値クリアのためのサポートをしています。

ゴアのフィルトレーションメディアは多くの業界で使用されていますが、その目的は共通しています。すなわち、コントロールされた環境を作り出すこと、そして製造プロセスの環境に責任を保てるようにすることです。

燃料電池技術

燃料電池自動車

ゴアは、20年以上にわたって燃料電池自動車を支援しています。

電気自動車は、ガソリンおよびディーゼル燃料車に代わる存在として、ますます注目を集めています。ゴアは1990年代から、こうした環境に配慮した自動車のエネルギー源に貢献しています。

ゴアは、膜/電極接合体(MEA)およびメンブレンによって、燃料電池自動車(FCV)を支援しています。ゴアのMEAソリューションは、燃料電池スタック内で水素と酸素を電気化学的に電力(および熱エネルギー)に変換することで、燃料を使わずに自動車を動かします。

ゴアの燃料電池部材は、燃料電池システムを開発する世界中の企業で広く使用されています。定置型、可搬式の電源として、あるいは輸送用電源として、多種多様な燃料電池システムの原動力となっています。最近では、世界初の量産型液体水素燃料電池自動車において、重要な役割を果たしました。この自動車の燃料スタック内のセルにゴアセレクト® メンブレンが使用されています。

環境配慮への一層の努力

環境への懸念が高まるのに伴い、環境に配慮した規範や製品の導入を模索する業界が増えています。ゴアは、シール材、フィルター、燃料電池技術の他に、以下の製品を提供しています。

  • ゴア® カバーシステムは、微生物学に基づく土壌浄化製品であり、有機廃棄物を堆肥に変えます。このカバーは、堆肥化プロセスを促進させることで、地域社会による廃棄物の効率的、経済的な管理促進をサポートします。また、臭気を減らし、空気中への雑菌の放出も防ぎます。
  • ゴア® 太陽光発電システム用プロテクティブベントは、有害な環境要素への露出を防ぎ、常に圧力を調整することで、繊細な電子機器(集光型太陽光発電システム(CPV)、ジャンクションボックス、インバーターなど)を保護します。ゴアは再生可能エネルギーを支援しています。
  • ゴア® パッケージングベントは、産業用、家庭用、農業用の化学薬品の容器の漏洩や破損を防ぎ、エンドユーザーや環境を大きな被害から守ります。

ゴアは1958年の創立以来、自らの専門技術を世界中のさまざまな業界と共有することを責務と考えてきました。環境への配慮と責任に関しても、同じ責務を担っていると考えています。さまざまなメーカーや業界が、地球環境の改善のために規範を再考し、変革を進めています。環境保護の担い手を自負するゴアは、革新企業として、こうしたメーカーや業界に対するパートナーシップを拡大していきます。