民間航空

民間航空宇宙産業では、高速デジタルネットワーク、上質な機内エンターテインメント、電力性能の向上、燃料効率の改善、メンテナンスとダウンタイムの削減への需要が高まっています。ゴアはこうした需要に応えるべく、革新的なケーブルと航空材料の開発に継続的に取り組んでいます。

すべての製品カテゴリー・事業分野を見る

ゴア® 航空宇宙用ケーブルおよび航空材料は、広い温度範囲、摩耗・損耗、繰り返される機械的負荷、高電圧、そして飲料や燃料、潤滑剤などの液体汚染物質に耐える特別な設計が施されています。高性能ケーブルから機内エンターテイメントと接続性(IFEC)、そしてスループットと機体供給力を改善する航空宇宙材料に至るまで、私たちの製品はお客様の期待に確実に応え、機体の耐用年数にわたって継続する信頼できる性能を提供いたします。

ゴアのケーブルがIFECを高速化

今日の民間航空機の乗客は、飛行時間の長短に関わらず、自らの携帯型電子機器で、信頼性の高いインターネットの常時接続を利用したいと考えています。その期待に応え、乗客が映画をストリーミングし、ゲームやネットサーフィンを楽しみ、オンラインでビジネス取引を行えるように、設計技術者は航空機のほぼ全てのシステムに高度な電子機器を組み入れています。こうした状況の中、ケーブルには、データ伝送の高速化と同時に軽量小型化が求められています。軽く小さいケーブルは、機器の合間のスペースに収まり、航空機の重量を抑え、燃料効率の向上につながります。航空機の軽量化は非常に重要な課題で、専門家の計算によると、総重量が1キログラム増加するごとに、数千ドルの運用コストが上積みされると言われています。

ゴア® 航空宇宙高速データケーブルは、長距離高速データ伝送で傑出した信号品質を提供し、イーサネットCAT-5e、CAT-6a、USB 3.1、HDMI 2.0、光ファイバーをはじめとする各種標準規格や新規格に対応しています。また、ゴア® EMIシールドソリューションは、共存するケーブルシステムをデータ伝送時の電磁干渉から確実に保護します。

耐久性と信頼性を実現するケーブル

コックピットから尾翼まで、航空機のあらゆる箇所で使用されるゴアのケーブルは、振動、加速度荷重、設置、メンテナンスなどの機械的ストレスにさらされても、信号品質を保持するように設計されています。耐久性に優れた構造は、過酷な航空宇宙環境で優れた電気的・機械的性能を約束し、フライト中のコックピットや客室に信頼性の高い信号を供給します。

ゴアの革新的なフッ素ポリマー技術は、電気的・機械的性能を損なうことなく、ケーブルや航空材料を大幅に軽量小型化します。他社製品よりも最大60%も軽量なゴアの製品は、狭い航空機のスペースにも簡単に設置することができ、燃料効率の向上に貢献します。

実績ある航空材料が生産を最適化

旅行産業の急速な成長に伴い、航空機の生産数は今後10年間に大幅に増加するものと予想されています。そうした状況の中、エアバスなどの大手航空機メーカーは、生産工程の加速と機体供給力の向上という企業ニーズに対応するための、ゴアの航空材料に期待を寄せています。

同様に航空材料にとって不可欠なのは、圧迫され続ける環境の中で、シール性と正確な位置を確実に保つ機能です。また、重度の汚染物質、化学的に侵食性のある航空用作動油、極端な温度から対象物を保護し、メンテナンスとダウンタイムを削減する機能も重要です。

20年以上にわたり多くの用途で優れた性能を実証してきたゴア™ SKYFLEX™ 航空宇宙材料は、大手民間航空機メーカー各社の仕様に採用され、シール性、摩耗、腐食、隙間充填といった多くの難しい課題を解決しています。これらのテープとガスケットは、非常に広範な温度にも優れた耐性を示します。航空機組立てを簡素化するゴアの軽量非硬化航空材料は、直接取り付け(FIP)シールに代わって使用される場合が多く、開閉の繰り返しに耐えるシールは、ライフサイクルコストを削減します。

民間航空宇宙産業の次の展開は?

乗客は信頼性の高い機内インターネット接続を期待するようになっており、その期待は今後も拡大し続けるでしょう。民間航空機では既に座席背面に設置された高度なコンピューターがさまざまな映画を提供していますが、近い将来には、強力なワイヤレス構成により、乗客のスマートフォンやタブレットに直接コンテンツを配信できるようになるでしょう。さらに、3Dやバーチャルリアリティシステムといった未来型エンターテインメントの提供についても、現在模索が続けられています。

こうした期待やシステムに貢献するのが、ゴアのケーブルおよびシールドソリューションが提供するエンド・ツー・エンドの接続性です。ゴア® シールドツイスト・ペア・ケーブルゴア® イーサネットケーブルゴア® エアロスペース光ファイバーケーブルなどのケーブルは、いずれも軽量小型かつ設置が簡単で、優れた信号信頼性を発揮します。一方、ゴア® EMIシールディングマテリアルは、共存するケーブルを電磁干渉から保護します。

さらに、航空宇宙産業にも、機上搭載バッテリーを使用する電動化や、太陽光エネルギーを動力源とする排出ゼロの代替エネルギー航空機といった、「グリーン化」の動きが生まれています。ゴアは、その技術力と軽量な製品を通じて商用電動航空機の実現に向けた技術革新に貢献できるよう、態勢の整備に邁進しています。

航空宇宙ソリューションの歴史

ゴアと民間航空機産業との協力関係は、最初の商用ジェット機が登場した1965年に始まります。ダグラスDC-9は後のボーイング717につながる初期モデルで、独自の格納式タラップが特徴でした。ゴアのMULTI-TETリボンケーブルが、優れた屈曲性、絶縁体、耐摩耗性を認められ、この機種に採用されました。

今日、世界に展開する大手航空機メーカーおよび各地の航空機メーカーから、優れた電気的・機械的統合性を達成する決め手としてゴア製品を採用いただいています。ゴアは、お客様やその設計チームとの密接な連携を通じた製品開発を進めることで、お客様の未解決ニーズを把握し、個々の用途に最も適した製品を開発しています。

エアバスとの最初の提携は、ゴア™ SKYFLEX™ 航空宇宙材料の第一世代がエアバスA320とA330/340に用いられた20年以上前にさかのぼります。この材料はその後、ボーイング社のナローボディー機737の貨物室にも採用されました。

ゴアの最も新しいお客様は中国商用航空機(COMAC)で、ゴアのテープとガスケットが、同社初の短中距離幹線用の商用航空機C919に組み込まれます。

航空機の乗客は、より高速で信頼性の高い機内インターネット接続を今後も期待し続けます。現在は座席背面の高度なコンピューターがさまざまな映画を提供していますが、近い将来、強力なワイヤレス構成により、乗客のスマートフォンやタブレットに直接コンテンツを配信できるようになるでしょう。さらに、3Dやバーチャルリアリティシステムといった、より進化したエンターテイメントの提供についても、現在模索が続けられています。