自動車

ゴアは自動車メーカーにヘッドランプからリアランプまでのソリューションを提供し、技術水準とエネルギー効率の向上をサポートしています。

すべての製品カテゴリー・事業分野を見る

今日の自動車において、最も重要な責任を担っているのは技術です。ゴアは、ベント、EMIシールド、燃料電池コンポーネントなど、信頼性の高い製品を自動車業界に提供し、技術分野における未来志向のパートナーとして、未来の車作りをサポートしています。

概要

自動車は常に、品質、快適性、信頼性によって評価されてきました。現在の自動車業界においては文字通り、「自動」という言葉がかつてないほど重視されています。現在の自動車には、発進/停止技術、自動駐車、アダプティブクルーズコントロール、死角モニター、車線逸脱防止支援システム、無線インターネット接続、ビルトインアプリなどの革新技術が盛り込まれています。次は自動運転車です。未来の自動車には自律性と接続性が重要になるとみられます。

こうした動向を踏まえて、自動車メーカーはさまざまな課題と向き合っています。競合に遅れることなく新機能を素早く搭載すること、車線変更やスピード変更、バックでの駐車などにおける100%の信頼性を確保するために、必要な手順を進め、最適なサプライヤーを選択することなどです。

自動車メーカーは、こうした課題に加えて、次のようなプレッシャーも受けています。

  • 燃費の向上を目指した、コンポーネント数や車両重量の引き下げ
  • 顧客需要に対応するための設計サイクルの短縮と簡素化
  • ビルトインアプリやその他の技術のアップグレードなど、新機能の導入
  • 消費者向け価格の引き下げ
  • 最重要課題として、安全性の問題やリコールのリスク低減

ガソリン車やディーゼル車から電気自動車、自動運転自動車まで、技術の進歩は自動車業界に大きな機会をもたらしています。自動車メーカーがこの機会を生かしながら信頼性の高い自動車を提供するためには、信頼できるサプライヤーが必要です。

信頼できるパートナー、実績ある製品

ゴアは、技術的な洞察、品質に対する深いコミットメントと幅広い製品群により、自動車業界におけるティア1、2、3の自動車部品メーカーの成功をサポートしています。ベント、EMIシールド、燃料電池コンポーネントなどの幅広いソリューションにより、ランプ、電子機器、センサー、モーター、パワートレイン、エンジンなど、自動車のあらゆる側面をサポートします。

ゴアが提案、製造するソリューションは試験、検証されて使用の承認を受けており、その製品は市場において最高クラスの性能と信頼性を備えています。製品の成功には技術的な洞察が必要です。例えば、自動車の電気システムを湿気から守りたいお客様に対し、ゴアは自動車が遭遇し得るあらゆる気候を評価します。その後、その自動車がどのような場所を走行するかに関わらず、耐用期間にわたってランプシステムの結露低減・防止を維持するベントソリューションを開発します。

ゴアは世界中の工場において複数回にわたる試験を実施し、路上でのコンポーネントの性能を徹底的に検証しています。自動車メーカーは、自社の製品において問題が発生しないように、ゴアが問題解決者の役割を果たすことを期待しています。

ヘッドランプからリアランプまでのソリューション

ゴアは、自動車のあらゆる部品に対して製品を供給できることを誇りに思います。ゴアは自らのブランドコミットメントを果たすことで、自動車メーカーのブランドを高めます。

自動車におけるゴアの技術と安全性のすべてを、ぜひご覧ください。

EMIシールド

自動車では技術力がますます重要となっています。現在、ストリーミングアプリでの音楽再生、進路の確認、電話での通話、背面の映像、別の自動車に配慮した速度やハイビームの制限などが、すべて運転席から行えるようになっています。

テレマティクスとインフォテインメントは、娯楽性と優れた利点を運転手に提供し、命を救うこともあります。ゴアのEMIシールドソリューションは、信号伝送を保護し、電子システムの信頼性を確保します。

ゴア® SMT EMIガスケット/接地パッドは軽量で小さく、容易に取り付けることができます。これにより、自動車の耐用年数にわたってダッシュボード下の電子性能の信頼性を確保します。ゴアのガスケットソリューションは、一貫した接触と低直流抵抗が特長です。その圧縮性により、自動車が衝突した場合でも外れることがなく、信号伝送も遮断されません。

自動運転技術の実現が期待される中、自動車の安全な運転にはテレマティクスシステムが必要不可欠となります。 こうした自動車では、ゴアのガスケット部材が電子システムを保護するだけでなく、 運転手や乗客、歩行者の命も守ります。

燃料電池コンポーネント

世界中で環境への責任が求められる中、電気自動車の利点が評価され始めています。ゴアでも同様です。

ゴアのMEA(膜/電極接合体)とメンブレンは、燃料電池車(FCV)をサポートしています。 こうした材料は、燃料電池スタック内で水素と酸素を電気化学的にエネルギーに変換し、自動車が推進力を得るのを支援します。

ゴアのMEAソリューションは、優れた出力密度、材料の少なさ、信頼性の高い性能と長寿命における実績があります。 こうしたソリューションは、スタックの長寿命化、サイズや重量の低減、高温での可動化、燃料コストの低減に資することが確認されています。結果として、世界の主な燃料電池システム開発企業のほとんどが、定置、移動、輸送用途でゴアのMEAを使っています。

ゴアが燃料電池部材の開発を開始したのは1990年代のことです。それ以来、平均15カ月ごとに新世代製品を導入してきました。最近では、世界初の量産型液体水素燃料電池自動車において、ゴアの技術が重要な役割を果たしています。この自動車の燃料スタック内のすべての燃料電池で、GORE-SELECT® メンブレンが使用されています。

ベント

ゴアは、ガソリン車、ハイブリッド車、電気自動車のオートモーティブベントにおいて業界をリードしています。

ベントは、自動車のさまざまな機能を支えています。例えば、ヘッドランプの曇り防止、エンジンの高速応答制御装置の耐久性向上、スターターモーターの確実な起動、車台およびパワートレインの湿気(さらには1インチ程度の浸水)からの保護などです。すべての場合においてベントは、自動車の耐用年数にわたってコンポーネントの機能が最大限に維持されるよう支える役割を果たしています。

ゴアのベントは、液体や粉じんが自動車のコンポーネントに入り込むのを防ぎながら、温度変化があっても継続的に圧力を調整する点で非常に優れています。自動車の走行中に気候が急変しても、ゴアのベントは安定した通気を維持し、泥、ほこり、自動車関連の液体やその他の液体を通しません。ゴアのベントは、自動車コンポーネントの耐用年数の延長に貢献しています。

1980年代後半、ゴアは最初のオートモーティブベントを市場に投入し、上記のような利点を、初めてお客様に提供しました。1990年代には最初の撥油ベントを導入し、オイルや自動車用フルードなどの複合液体への耐性を高めました。それ以来、ゴアは業界最大手のサプライヤーやメーカーにベントを提供してきました。2004年の推計によると、ヨーロッパで製造された自動車の95%にゴアのベントが採用されています。

最近では、アクスル、変速機、リアランプ用のベントが、ゴアのベント製品群に追加されました。2013年には、自動車の電子用途向けにゴア® ポリベントコンパクトシリーズベントを発売しました。このシリーズは標準シリーズよりもフットプリントが30%少なく、取り付けが簡単なスナップフィット設計を特徴としています。

堅牢で耐久性が高いゴアのオートモーティブベントは、自動車メーカーや自動車部品メーカーの最も厳しい試験要件に合わせて設計・試験されています。また、標準的な10~15年の製品ライフサイクルにわたって性能を維持することが実証されています。