アパレル&テキスタイル

ゴアは他に先駆けて快適さと保護性能を追求し、多様な活動や条件に耐えられるファブリクスを作り出しています。

すべての製品カテゴリー・事業分野を見る

快適さと保護性能を追求したGORE® ファブリクスは、人類が知る最も過酷な環境への挑戦をサポートします。

ファブリクスは仕事以外でもさまざまなシーンでご利用いただけます。ファブリクスには断熱効果があり、悪天候による影響を遮断します。ファブリクスは、アイテムがいつでも使えるように保ちます。いつ使用しても信頼性が損なわれることなく、また擦り切れることがあってはなりません。服は、着る人が行う活動や、その人が置かれている環境に関わらず、保護性能と快適さを提供する必要があります。テキスタイルは雨、熱、さらには化学薬品の曝露といった非常に苛酷な環境でも、耐久性を失ってはなりません。

ゴアが製品を提供している市場、業種は多岐にわたりますが、私たちの製品が最も知られているのはテキスタイル、アパレル分野です。GORE-TEX® ファブリクスは、信頼ある高い防水性と透湿性を兼ね備えた素材で、地球のどんな過酷な気候の中でも快適かつ安全に活動に従事することができます。私たちのファブリクスは、GORE-TEX® ブランドを超えて広がっています。私たちは、ミリタリー、医療、化学、さらには大気圏外の用途など、非常に幅広い活動にファブリクスを提供しています。

ePTFEを1969年に発見するとまもなく、ゴアはこの汎用性に富んだ素材をファブリクスに統合する方法がないか探求を開始しました。その結果、アパレル、テキスタイル産業において大きな成長を実現し、世界中のゴア® ファブリクスの利用者に快適さと保護性能、安心感を提供することができました。

快適さの科学

ゴア® ファブリクスの品質の高さは世界中で知られており、ゴア® ファブリクス製のアパレルは、どのような環境に置かれても、またどのような活動においても、それを着る人々の期待を裏切りません。

薄く軽量で耐久性に優れたゴアのメンブレンがGORE-TEX® メンブレンとなります。ゴア® メンブレンは、きわめて薄いePTFEからできており、独自の防水性、風を通さない防風性、汗を外に逃がす透湿性を備えています。1インチ四方のePTFEには90億個以上の微孔が存在しており、それに補足的な素材を付加することにより、メンブレンの優れた特性をさらに高めています。外側を覆うファブリクスの下のメンブレンが、ゴア® ファブリクスの代名詞とも言える傑出した防護性能をもたらしています。

ゴア® メンブレンにテキスタイルを貼り合わせ、フットウェア、グローブ、スポーツアウターウェアなどさまざまな用途のGORE-TEX® ラミネートを開発しました。GORE-TEX® ラミネートは、世界的に有名なハイパフォーマンスブランドにも採用されています。

ゴア® ファブリクスは、3つの目的を達成するために開発されています。①着ている人を涼しい状態に保ち、②服が体に密着しないようにし、③可動範囲を広げることによって着衣の不快さを軽減します。山登りのような活動中には、こうした属性が命を救う場合もあります。私たちのファブリクスは、厳しい環境でも耐久性を維持することによってパフォーマンスを向上させます。また、風、雨、火、温度、化学薬品への曝露などから着る人を保護し、危険を伴う挑戦や厳しい気候を切り抜けるサポートをします。

GORE-TEX® プロダクト

GORE-TEX® ブランドは世界中で認知されている信頼のブランドです。

GORE-TEX® ファブリクスが発明されるまでは、防水性の衣服は重たくて扱いにくく、着心地もよくないものがほとんどでした。着ると、かいた汗が行き場がなく衣服の内側にたまるため、悪天候で濡れるのと同じように体が濡れました。

防水性、防風性、透湿性を兼ね備えたePTFEというこの素材をアパレルに取り入れたことによって、ジャケットやその他の衣服はより快適に、より高い耐久性を持たせられるようになりました。その結果、ゴアの画期的な特許取得メンブレンテクノロジーが、機能性アウターウェアのスタンダードを一変させたのです。

1970年、ゴアはePTFEで作ったGORE-TEX® の数多くの特許の最初の特許を申請しました。1976年、ゴアは、GORE-TEX® ファブリクスの最初の注文を受けました。透湿性、防水性、防風性を兼ね備えた初の市販ファブリクスの登場です。1981年、初のスペースシャトルミッションで、スペースシャトル、コロンビア号に乗り込む宇宙飛行士が着る宇宙服の素材にNASAがGORE-TEX® ファブリクスを採用し、ゴアと航空宇宙産業の緊密な結びつきをなお一層強固なものとしました。

ゴア® ファブリクスは、思ってもみなかった経緯でミリタリー産業に参入しました。1982年、GORE-TEX® ファブリクスをとても気に入った英国の兵士たちが、標準仕様のアウターウェアよりもGORE-TEX® ファブリクスのほうがいいと、自費で私たちのファブリクスを購入しました。これがゴアと英国軍、米国軍との緊密なパートナーシップの始まりです。1988年、米国の国防総省は公式にGORE-TEX® ファブリクスを採用するに至りました。

それ以来、私たちは新たなテクノロジーを開発してきました。さまざまな業種とのパートナーシップを拡大し、どのような活動に従事し、またどのような環境に置かれているかにかかわらず、快適性と保護を提供できる幅広いアパレルを提案し続けています。アウターウェアからフットウェア、グローブに至るさまざまなアパレルを飾るゴアのブランドは、品質と最高レベルのパフォーマンスの象徴です。

消防、警察、ミリタリーに提供しているゴア設計のアウターウェアは、火気、化学薬品への暴露、高熱に耐え、しかも軽量で透湿性に優れています。軽量で透湿性が高いという特性は、着用者が職務中に自由に体を動かしたり快適に過ごしたりするうえで不可欠です。消防士を対象とした最近の研究論文(英語)は、体の中核体温が約37℃にいったん到達すると、中核体温が約0.05℃上がるごとに生理学的に重大な影響が生じると報告しています。これは、パフォーマンスに影響が及ぶということでもあります。この研究で、ゴア® ファブリクスを使用した消防服を着た消防士が最も優れた成績を挙げました。他社のアパレルを着用した消防士のうちの40%は、心拍数が上がり過ぎたためテストを最後までやり遂げることができませんでした。