火葬場、ごみ焼却炉、金属精錬に使用するダイオキシン・フラン用フィルター

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグはガス状のダイオキシンとフランを分解し、粒子状のダイオキシン類を捕捉するのでダイオキシン類を最大で99%除去できます。火葬場、ごみ焼却プラント、金属精錬プラントなどで現在使用されているバグフィルターで使用することができます。

資料ダウンロード

GORE_remedia_201108

産業処理および集じん機用粒子・ガスフィルター

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、従来方式と比べ、確実かつ容易で、運用コストの低いダイオキシン対策を提供します。概要、特長と利点など、詳しくはこちら。

Japanese

関連資料: 火葬場、ごみ焼却炉、金属精錬に使用するダイオキシン・フラン用フィルター

製品概要

ダイオキシン管理の安全かつシンプルなテクノロジー

ろ過技術のリーディングカンパニーであるゴアは、ダイオキシンとフラン排出規制を満たす革新的な方法を提案しています。バグフィルターに新しいフィルターを取り付けるだけで、気体ガス状のダイオキシンとフランを分解することが可能です。この革新的なシステムは効果的で費用対効果に優れています。プロセスの変更や、高額な新しい装置を追加する必要はありません。環境にやさしく、作業員にも安全で、容易に使用できるゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、安全かつシンプルにダイオキシンを分解します。

ダイオキシン規制クリアのために

ダイオキシンの脅威に対して世界中で懸念が高まっています。各国政府はダイオキシンに対する規制を段階的に強化しており、食品に含まれるダイオキシンの濃度についてのレポートは各方面に大きな懸念を呼んでいます。ダイオキシンの排出と処分に関連した問題が、環境保全に対する課題を押し上げようとしています。人々の意識が高まり、規則が厳格になり、規制に適合しなかった場合のペナルティが大きくなるにつれ、ダイオキシン制御が不十分であることに起因するリスクがかつてなく大きくなっています。

そうした中で、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、安全かつシンプルなソリューションとしてご使用いただけます。効率的にダイオキシン排出要件を満たすと同時に、高額な新しい装置を追加する必要がなく、他のダイオキシン制御技術を圧倒するさまざまな利点を備えています。

フィルター略図

表面ろ過原理と触媒作用の原理を組み合わせています。

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグでダイオキシンを除去

表面ろ過と触媒作用の原理を組み合わせたゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグがガス状のダイオキシンとフランを、規制限度をはるかに下回るレベルにまで分解します。しかも、安全かつ経済的に、そして、最小限のメンテナンスで実現します。

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグはラミネートされ、フェルト基材に成形されたゴア™ メンブレンの延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)で構成されます。業界トップクラスの実績を誇るフィルター技術であるゴア™ メンブレンは、工業用途で粒子状物質を抑制し、捕捉するために広く使用されています。

気体ガス状のダイオキシン類分解性能を安定して備えていることが証明された触媒を、特許取得済みの加工方法を用いてPTFEと組み合わせ、触媒ファイバーを形成します。このようにして作られた触媒/PTFEファイバーをePTFE スクリムにニードルパンチし、触媒フェルト基材を作り出します。

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは次のようにしてろ過を行います。ゴア™ メンブレンは、フィルター表面に微粒子を捕捉します。フィルターを洗浄すると、固体が表面から放出され、バグフィルタホッパーの底に集められます。ガス状のダイオキシンとフランは、ゴア™ メンブレンを通過して触媒フェルトに到達します。触媒は瞬時にダイオキシンとフラン分子と反応し、極微量のCO2、H2O、HClに変換されます。

シングルステップのガス状のダイオキシン分解と微粒子除去への移行は簡単です。現在のフィルターバッグをゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグに取り替えるだけです。プロセスの変更は必要ありません。新たな設備や手順の導入、作業員のトレーニングも不要です。ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは連続的に稼働する追加のエネルギーや動力が不要な制御テクノロジーです。信頼性が高く、一貫性のあるパフォーマンスを実現できます。ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグにはメンテナンスの必要がほとんどなく、フィルターケーキの処理も容易です。

ゴア® リメディア®触媒フィルターバッグは、現在ご使用のバグフィルタと使用してダイオキシンを分解します。工程の変更もプラントの物理的変更も必要ありません。

プロセス図解

主な特長と利点

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、以下の利点をすべて兼ね備えたダイオキシン除去システムです。

主な利点 吸着薬剤注入(活性炭など) ダイオキシン分解用触媒反応装置(例:SCR) 活性炭吸着塔 ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグ

信頼性が高く一貫性のある操作

-

ダイオキシン排出規制をクリア

-

追加のエネルギーや動力が不要なシステム(メンテナンスが不要)

.

.

優れた費用対効果

-

総所有コストの低さ

.

.

.

-

粉じん排出の抑制

.

.

.

-

処理費用の低減

.

.

容易な導入、使用

-

新しい設備の購入が不要

.

.

.

-

既存の施設フットプリントをそのまま使用

.

.

.

-

腐食の低減

.

.

環境への負荷

-

気体状ダイオキシンの分解

.

.

-

ダイオキシン総排出量の低減

.

.

-

従業員の安全性向上

.

.

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグには、吸着薬剤注入システムやその他のダイオキシン制御技術を上回る大きな利点があります。

ダイオキシンを分解"粉末状活性炭(PAC)のような吸着薬剤ベースのシステムとは異なり、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、排ガス中の粒子状のダイオキシンとフランを分離するだけでなくガス状のダイオキシンとフラン分子を分解します。ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグは、最高性能、最新鋭の触媒のみを使用し、多くの場合、99パーセントを上回る分解レベルを長期にわたって達成します。

ダイオキシン排出規制をクリア ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグの優れた性能は、世界中の多種多様な用途で幅広く実証されています。何千もの分析試験によって、ゴア® リメディア®触媒フィルターバッグは、最も厳しい環境規制にも適合することが実証されています。

追加のエネルギーや動力が不要なシステム-メンテナンスが不要ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは完全に追加のエネルギーや動力が不要な運用で、使用中に、連続的にガス状のダイオキシンとフランを分解します。新たな設備を導入する必要はなく、最低限のメンテナンスで使用できます。

低い総所有コスト ダイオキシン分解と粒子制御を一つの受動的フィルターに組み合わせることによって、ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグは、総所有コストを最も低く抑えることができます。触媒/PTFEファイバー製のゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグは、実績のある長寿命触媒と組み合わせて使用することで、高い機械強度と耐久性を実現し、将来に至るまで費用を節約することができます。ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグは、運転コストを押し上げないため、システム購入後の隠れた経費が発生することはありません。

粉じん排出を抑制 ゴア®メンブレンの微小孔構造は、フィルターミクロン単位未満の微細な粉じんであっても過捕捉します。ゴア® メンブレンは微粒子を捕捉することによって、重金属などの微量の有害物質の排出全体を削減します。

処理費用を低減 ダイオキシンで汚染された吸収材を処分することがないため、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、有害廃棄物の処理費用を最小限に抑えます。このフィルターシステムによって、フライアッシュに含まれる吸収材レベルの量と毒性に対する現在、または将来の埋め立て規制に対する懸念を払しょくすることができます。ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグで有害廃棄物の処理分量を削減することは、お客様の会社の環境保護への取り組みの真摯さの証ともなります。

新たな設備投資が不要 既存の資産を最適化することができるように、現在ご使用のバグフィルタに設置しているフィルターの代わりにゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグを設置するだけです。新しい設備が不要であるため、現在のプロセスを変更することも新しいメンテナンス要件を加えることも、必要ありません。

既存の施設フットプリントをそのまま使用 新しい設備を買う必要がないため、新たな施設フットプリントは必要ありません。注入装置、貯蔵サイロ、触媒塔、熱交換器などはすべて、新たなスペースとそれに関連した建設が必要になります。REMEDIA  触媒フィルターシステムは、現在のバグハウスを利用することで、簡単かつ妥当な費用で法令に適合することができます。

腐食を低減 他のダイオキシン制御システムで必要とされる運転温度では、バグフィルタに腐食が生じる可能性があります。ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグでは、運転温度が他のシステムよりも高いことから、腐食のリスクはその分だけ小さくなります。

従業員にとっても、より安全 活性炭ベースのシステムでは、バグフィルタが燃焼するリスクが生じます。特にバグフィルタがダイオキシンで汚染されている場合、有害な活性炭の粉末も作業員に対してリスクとなります。ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグで、活性炭注入を停止することで火災のリスクはなくなり、健康リスクも最小限に抑えられます。

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、他の製品を圧倒する利点と価値を兼ね備えています。

費用グラフ
テストされ実証されたテクノロジー

1995年以降、ゴアは世界中の燃焼施設で、200件以上のポリ塩化ジベンゾ・ダイオキシン/フラン(PCDD/F)測定を行いました。さらに、都市ごみ焼却場、火葬場、金属冶金プラント、有害廃棄物を燃やすセメント窯などの70以上の施設で700以上のゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグサンプルをテストしました。

具体的には、1日200トンの廃棄物を焼却する大規模な都市ごみ焼却場で、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグをテストしたところ、排出されたダイオキシンは、要求されているレベル0.1 ng(TEQ)/Nm3を3年間にわたって大幅に下回りました。ダイオキシンとフランの未処理の測定濃度が、2.9~5.9 ng(TEQ)/Nm 3であったのに対して、処理後の濃度は0.002~0.04 ng(TEQ)/Nm3という非常に低い数値でした。これは要求されているレベル0.1 ng(TEQ)/Nm3"を大幅に下回っています。

長い期間にわたる実地試験から、ゴア®リメディア®触媒フィルターバッグによってダイオキシンとフランが効率的に規制要件以下に抑制されることが確認されています。

焼却場のケース

さらに、分析の結果、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグを使った飛灰の中からダイオキシンの濃度が、活性炭注入システムを使用して達成できるレベルよりもはるかに低いことも確認されています。バグフィルタからの気体と固体の排出を含めて、環境へのダイオキシンとフランの総排出量は、活性炭注入システムに比べて90%以上削減されました。これは非常にインパクトのある結果だと私たちは捉えています。

さまざまな大規模用途からの排出に関するデータから、ゴア® リメディア®触媒フィルターバッグによってダイオキシンとフランが効率的に規制要件以下に抑制されることが確認できます。

煙突からの排出のグラフ

この結果は、大規模システムとパイロット・テスト・プログラムで実行された多数のテストと一致しています。テストで使用された温度幅域は180~250ºC、ろ過速度幅は、0.8m~1.4m/分の間でした。これらの範囲内で、ゴア®リメディア® 触媒フィルターバッグは同じ効率でろ過し、ダイオキシン/フランの排出量を0.1ng (TEQ)/Nm3未満に引き下げるように設計されています。

良好な燃焼実務管理下にある施設での典型的な入口レベルのダイオキシン濃度は10 ng (TEQ)/Nm3未満です。ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは、ダイオキシン規制を満たし、それを上回る能力を有しています。

ゴア:信頼の証

ゴアは、要求度の高い電子、工業、医療、ファブリクス用途に対して先端技術ソリューションを提供するリーディング企業です。私たちは、世界中で製品およびサービスを提供しています。フッ素ポリマー(特にPTFE)の用途と使用における私たちの革新と技術成果は、何千もの多様な製品の開発に結びついてきました。

ゴアはePTFEメンブレンテクノロジーを他に先駆けてろ過用途で使用したパイオニア企業であり、25年以上にわたる微粒子制御の経験を活かすことが可能です。ePTFEの固有の強みである化学的不活発性、熱安定性、多孔質構造が、ePTFEを用途の広い、非常に効果的なろ過材としています。ベント、吸着材モジュールからカートリッジ、フィルターバッグに至るまで、コンピュータ・ディスク・ドライブの汚染物質を捕捉する場合、工業施設の煙突からの汚染物質を捕捉する場合を含め、お客様には、ゴアのろ過と分離製品の一貫した性能をご信頼いただけます。

環境規制、変化するお客様のニーズに応え続けるため、ゴアは、従来のろ過・分離技術の新たなフロンティアを開拓していました。触媒プロセスは、より高純度な出力を産出するとともに副産物を少なくし、環境ハザードを低減します。多孔質構造、洗浄可能性、PTFE(触媒の化学的に反応特性と結合される)の非発じん特性は、燃料電池や工業ろ過のような用途において独自の価値を発揮します。

触媒フィルター製品シリーズの最初の製品であるゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグが、ろ過と毒性物質排出制御の未来を変えていきます。

技術データ

ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグ
含有ファイバー ステープル — ゴアePTFE/
延伸PTFE/触媒
Scrim — 
延伸PTFEファイバー
フェルト構成 サポートニードルフェルト
メンブレン表面 GORE ePTFE
連続使用温度 500ºF / 260ºC (最大)
急上昇温度 525ºF / 274ºC (最大)
耐酸性 優秀
耐アルカリ性 優秀

*仕様は予告なく変更される場合があります

火葬場での使用

火葬場は、ごみ焼却炉と同様の厳しいダイオキシン規制を受けることが多くあります。ごみ焼却炉のゴア® リメディア® 触媒 フィルターバッグの大きな経験が、欧州全域15箇所以上の火葬場用途における成功に直接反映されています。グラフに示された性能は日常的なものになっています。

火葬場用途のグラフ

小規模な火葬場やスペースが限られた火葬場においてゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグが選ばれることは理にかなっています。新しいゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグであれば、非常に短い期間で規制適合を達成することが可能です。高価な新しい建設も設備も必要ないため、規制適合の経済的負担は最小限に抑えられます。

金属精錬での使用

ゴアは、この分野での経験を生かして効果的に各工場の工程を評価し、工場側とともに最も費用対効果に優れた方法で工場のニーズを満たすシステムの導入を図ります。

ある重要な工程ユニットにおけるダイオキシン制御が必要となったある大手アルミニウムリサイクル会社には、簡単で、信頼性が高く、費用対効果に優れた選択肢として、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグを採用いただきました。2000年前半に導入されて以来、このシステムはダイオキシンを分解しており、90,000トン/年に相当するアルミニウム生産レベルを達成しています。

ごみ焼却炉での使用

1995年以降、ゴアは世界中の燃焼施設で、200件以上のポリ塩化ジベンゾ・ダイオキシン/フラン(PCDD/F)測定を行いました。さらに、都市ごみ焼却場、火葬場、金属冶金プラント、有害廃棄物を燃やすセメント窯などの70以上の施設で700以上のゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグサンプルのテストも行いました。

さまざま大規模施設でゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグが達成したダイオキシン排出レベルは .012 ~ .065 ng (TEQ)/Nm3 - で、標準的なガイドラインである0.1 ng (TEQ)/Nm3を大幅に下回っています。さらに、分析の結果、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグを使った場合の飛灰中のダイオキシン濃度は、活性炭注入システムを使用して達成可能な濃度を大幅に下回ることが明らかになりました。

優れた結果
ごみ焼却炉

バグフィルタからの気体と固体両方の排出を含め、環境へのダイオキシンとフランの総排出量は、活性炭注入システムと比較すると90%以上低減されました。

これらの結果は、大規模システムとパイロット・テスト・プログラムで実行された多数のテストと一致しています。テストで使用された温度域幅は180~260ºC、ろ過速度幅は、0.8m~1.4m/分の間でした。これらの範囲内で、ゴア® リメディア® 触媒フィルターバッグは同じ効率でろ過し、ダイオキシン/フランの排出量を0.1 ng (TEQ)/Nm3>未満に引き下げるように設計されています。

良好な燃焼実務管理下にある施設での典型的な入口レベルのダイオキシン濃度は10 ng (TEQ)/Nm3  未満ですが、ゴア® リメディア®触媒フィルターバッグは、ダイオキシン規制を満たし、さらには規制を上回るよう設計されています。

ごみ焼却炉

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。