ゴア® ジョイントシーラント

多目的に使用可能で施工も簡単なゴア® ジョイントシーラントは、100%ePTFE製のひも状シール材です。大口径鋼製フランジへの使用時に、優れた費用対効果を発揮します。

資料ダウンロード

ジョイントシーラント

産業用ガスケット

ゴア®ジョイントシーラントは大口径、もしくは複雑な鋼製フランジや設備に最適で、高い密閉性が得られます。

Japanese

関連資料: ゴア® ジョイントシーラント

製品概要

ゴア® ジョイントシーラントは、40年以上前にゴアによって発明されたフリーサイズガスケットです。長い使用実績を持つ鋼製フランジ用シール材で、大口径、矩形、異形などさまざまな形状のフランジに対応します。ゴアのジョイントシーラントは柔らかく、なじみ性に優れるため、表面が粗いまたはくぼみのあるフランジであっても、長期間シール性を維持することが可能です。

ゴア® ジョイントシーラントは幅広い用途でご利用いただけます。信頼性の高いシールを実現するだけでなく、施工が簡単で費用対効果に優れていることから、初期設計からの標準使用だけでなく、メンテナンスや修理など数多くの場面においてご利用いただいています。多くの場合、粘着材の離型紙をはがしてフランジに貼り付け、端部を重ね合わせるだけでご使用いただくことが可能です。複雑な用途の場合は、施工手順書をご覧ください

ゴア® ジョイントシーラントが幅広い用途に使用できる理由

ゴアの延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)技術

ゴア® ジョイントシーラントはすべて、高度なフィブリル化を可能にするゴアの延伸加工技術によって単一方向に延伸されたePTFEで構成されています。

高度なフィブリル化により、材料強度と圧縮性が向上します。そのため耐圧性となじみ性が向上し、表面の粗れたフランジであっても、長期間のシール性を維持します。

ゴア® ジョイントシーラントは耐薬品性にも優れています。溶融アルカリ金属および高温・高圧のフッ素ガスを除く、pH0~14のほとんどすべての流体に耐性があります。したがって、ゴア® ジョイントシーラントは強アルカリ、強酸、有機溶媒などを用いた化学プロセスで、幅広く使用することができます。

ゴア® ジョイントシーラント - 100%一軸延伸PTFE

取り扱いが容易で、コスト削減も可能

ゴア® ジョイントシーラントは、現場ですぐに成形することが可能です。フランジのサイズや複雑さに関係なく、どんな形状にでも合わせることができます。ゴア® ジョイントシーラントは粘着テープによりフランジに接着され、端部を重ね合わせることで簡単にガスケットとして成形されるため、垂直フランジの施工も一人で行うことが可能です。

ゴア® ジョイントシーラントなら、その場で迅速かつ簡単に特注の大口径ガスケットを成形することが可能です。現場外で作製されるのを待つ必要はありません。輸送においてパレットを受け取ったり、トラックやクレーンリフトを依頼したりする必要もありません。特別な扱いも、メンテナンスも不要です。

ゴア® ジョイントシーラントは、シール性、耐久性に優れ、メンテナンス回数を最小化できます。また、ガスケットの設置が簡単かつ短時間で行えるため、メンテナンス時のダウンタイムを短くすることが可能です。メンテナンス回数が少なくダウンタイムが短いことで、さまざまな現場の生産性を高め、関連したコストの削減も期待できます。

技術データ

技術情報

材料 単一方向に高い強度を有する延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)製
  • 製品の片面に施工用の粘着テープが付属しています。
耐薬品性 溶融アルカリ金属および高温・高圧のフッ素ガスを除く、pH0~14のほとんどすべての流体に耐性があります。
使用可能範囲 使用可能範囲は、温度、圧力、フランジサイズ、締付圧、施工方法など、使用条件に依存します。
  • 通常使用範囲:-60℃~150℃、中真空(1)~1MPa 
  • 最大使用可能範囲:-269℃~315℃、中真空(1)~2MPa
  • 通常使用範囲を超えての使用を検討している場合は、お問い合わせください。
保管可能期間 ePTFEは経年劣化が起こらないため、長期の保管が可能です。粘着剤の劣化を最小限に抑えるためには、室内で常温以下の環境(2)にて保管し、購入日から2年以内に使用してください。

(1)絶対圧1 mmHg(Torr) = 133 Pa
(2) 21° C、相対湿度50%

製品サイズ

(3) 3 mm 5 mm 7 mm 10mm 14 mm 17 mm 20 mm 25 mm

(3) ゴア® ジョイントシーラントは、圧縮性に非常に優れています。したがって、保存、取扱い時に寸法が簡単に変化します。保存、取扱い時の軽微な寸法の変化は、製品性能に影響を及ぼしません。

試験データ

圧縮特性

ゴア® ジョイントシーラントは、一方向に延伸されたePTFEで構成されるため、圧縮されると延伸されていない方向(幅方向)に広がります。

各製品の締付圧と厚み・幅の関係を測定した結果は以下のとおりです。

試験データ

ガスケットデザインファクター

m&y

ガスケット係数mおよび最小設計締付圧力yは、ASME Boiler and Pressure Vessel Research Code Division 1 Section VIII Appendix 2に規定されたフランジ設計に使用されるガスケット定数です。

ガスケット定数の定義

ガスケット係数mは、シールが達成された使用状態(内圧作用時)における、内圧に対するガスケット面圧の比です。

最小設計締付圧力yは、フランジの応力計算における、設計上必要なガスケット締付け時の最小ガスケット面圧です。応力計算では、この面圧以上でシールのための「なじみ」が達成されると仮定しています。

 
m 1.5
y 17.2MPa

ゴア® ジョイントシーラントは、圧縮により幅方向へ広がるため、締付け時のガスケット接触面積を求めることが困難です。そのため、締付荷重・締付トルクを算出する際には、 JIS B8265に準拠したmとyを用いた方法ではなく、以下の最小締付線圧にて計算された締付荷重・締付トルク以上で締付けることを推奨しています。


締付荷重・締付トルク計算方法の詳細に関しましては、お問い合わせください。

品番 RJ03 RJ05 RJ07 RJ10 RJ14 RJ17 RJ20 RJ25
y1(N/mm) 95 129 181 252 336 418 431 492

 

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。