長年にわたる責任を伴うイノベーション

私たちは、企業として、そして個人として経済的および社会的な利益の達成だけでなく、環境への責任に対して情熱を持って取り組んでいます。ゴアのサステナビリティーへの注力は、私たちのプロミス「Together, improving life(共に、生活を向上させる)」の実践であり、長年にわたり築き上げてきた価値と文化、またアソシエート(社員)、お客さま、地域社会へのコミットメントと直に結びついています。

私たちは創業以来、健全な科学を礎として生活の質を向上する製品を開発してきました。その中には、困難な環境課題を解決に導く製品も含まれます。

より持続可能な未来に向けて

私たちは、ゴアの製品や企業活動が環境や人々の健康と安心に与える影響を、慎重に考察し、空気、水、エネルギー資源を守り、廃棄物の適切な管理を徹底してまいります。今後、リーダーシップにより環境および安全衛生に対する測定可能な目標設定が示され、アソシエートへ伝えられる予定です。それらの結果を定期的に見直し、現状に合わせて適宜修正していきます。

ゴアはこれらの目標達成に向け、二酸化炭素排出量の削減を確約し、気候変動への自らの役割を果たしていきます。遅くとも2030年までに関連施設の二酸化炭素排出の絶対量を60パーセント削減することを約束し、2050年までのカーボンニュートラルの達成を目指します。これらの意欲的な目標は科学的根拠から導かれたものであり、パリ協定および世界の専門家の指南に沿った内容です。専門家らは、地球の気温上昇を産業革命前の水準からプラス摂氏1.5度までにとどめるために、人類全体が二酸化炭素排出量の削減に懸命に取り組むべきと指標を示しています。

正しいことを行い、創造力を発揮して世界に変化をもたらすことは、アソシエートの共同体であるゴアのカルチャーにおいて重要な部分です。地球が社会的、環境的な課題に直面している今、独自の専門技術を駆使して将来の世代に恩恵をもたらす持続可能ななソリューションを生み出すことがゴアの責任であり、私たちはその責任を真摯に捉えています。

W. L. Gore & Associates