COVID-19: 今後に向けて


2020年5月11日

世界中が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けながらも前進するのと同時に、私たちの多くは「日常に戻る」ことを切望しています。 ゴアでも、必要不可欠なマテリアルや製品を生産するために工場に残っている同僚たちの元にアソシエート(社員)たちが復帰したいと願っています。

できるだけ早く全員で一緒に元の状態を取り戻したいと願う一方で、私たちには、急いで日常を取り戻すよりも、アソシエートたちと地域社会の健康を優先する方法を取る責任があります。

ゴアは、アソシエートたちの健康と安全を守り、世界中のアソシエートたちが共有するゴア特有のカルチャーや価値観と一致する形で事業を継続するために、進むべき道を慎重に評価しています。ゴアのグローバルパンデミックチームは積極的な活動を続けており、業界のベストプラクティス、政府および公衆衛生の専門家から入手し得る最良の情報に基づくガイダンスを提供しています。ここ数週間、ゴアの各事業所では安全衛生に関する新たな慣行を導入し、時差通勤実施、一般用マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、職場空間の見直しなどを行いました。今後もさらなる適応と改善を続けていく所存です。

感染が拡大している間も工場での勤務を続けてきたアソシエートたちは、私たちの安全衛生環境を守るため、積極的に新たな慣行と働き方を採用してきました。ゴアの各事業所へ出勤を再開するアソシエートの数を増やし始める中で、私たちはこれまでと同じ注意レベルで事業運営を継続できるよう、次のような措置を講じています。

  • 最初に事業所への出勤を再開するグループを、業務遂行のために工場内のツールやリソースにアクセスする必要があるアソシエートに限定する(研究や製品開発など)
  •  各事業所へ出勤を再開するアソシエートには、今後起こり得る事項に関する詳細な情報および質問や懸念に対応する機会を提供する 
  • 多くのアソシエートの在宅勤務を続けることで、各事業所内におけるソーシャルディスタンスの維持を容易にする

私たちの計画は、各事業所における違いに重きを置いています。つまり、次のステップが同じではなかったり、あるいは、エンタープライズ全体で同じペースで実行されなかったりする可能性があります。今後も、ゴアが事業を行う地域社会の状況を評価し、それに従って計画の調整を行っていきます。

状況が変化する一方で、アソシエートたちとそのご家族、地域社会の皆様、そしてお客様に対するゴアのコミットメントは、かつてないほど強くなっています。この数週間、アソシエートたちがどこでどのように仕事を続けてきたかに関わらず、厳しい条件が続くこの時期においても揺るぐことがなかったアソシエートたちのコミットメントは、素晴らしいの一言に尽きます。私たちは、世界中で懸命に働いているアソシエートの存在に感謝しています。このパンデミックを思慮深く乗り越える努力をこれからも共に続けていけるよう、ゴアは今後も最新情報を提供してまいります。

ゴア・エンタープライズ・リーダーシップチームを代表して
社長兼CEO
ジェイソン・フィールド


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するゴアの取り組み

2020年4月6日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大が続き、日々状況が変化する中、世界は数週間前とは全く異なってしまったかのように見えます。しかし、私たちがアソシエート(社員)、お客様、地域社会の皆様の健康を最優先にしていることは変わっていません。

科学の力で素材を追及する会社として私たちが持っている技術的専門性や製造能力は、この重要な時期における医療現場や不可欠なサービスを提供する人々の短期的・長期的ニーズを満たすために役立つと確信しています。そこで、このたびゴアは特別なタスクチームを編成しました。

ゴアの各ディビジョンが持つ能力を横断的に活用して現在検討しているものの中には、第一線に立つ医療従事者のためのガーメント(衣服)、フェイスマスクや人工呼吸器のフィルター製品、また病院や重症患者のケアを担う人々が持つ特有の問題に対応するためのツールなどが含まれています。多種多様な専門分野の方々とパートナーシップを組みながら、意義ある解決策を提供するため、私たちの役割を果たしていくことにコミットしています。今後も引き続き、ゴアの取り組みをお伝えしてまいります。

重要な取り組みが進展している一方、各地域の状況や政府の要請に則ることを前提に、適切な場合においては事業を継続しています。化学、コミュニケーション、基幹的分野を担う製造業、防衛、救急サービス、エネルギー、ヘルスケアおよび公衆衛生、輸送分野など、ゴアは極めて重要なインフラ産業を支えるサプライヤーです。よって、私たちは前進しなければいけません。もちろん、アソシエートの健康と安全を第一に考え、事業所ごとに必要な業務を規定する地域ごとのガイダンスに従いながら進めています。

私たちは社内のグローバル・パンデミックチームの助言を考慮に入れながら、真摯にこれらの意思決定を行っています。COVID-19はさまざまなタイミングで、あらゆる方法で、数多くの地域へ影響を与えています。世界の政府のガイドラドインも多種多様です。こうした中、私たちはアソシエートおよび私たちの製品を信頼してくださっているお客様と地域社会の皆様のために、正しいことを行っていくことは言うまでもありません。

またこうした厳しい局面だからこそ、「improving life(生活を向上させる)」という私たちのエンタープライズのパーパス(存在意義)に立ち返る時だと考えています。このパーパスは、ゴアが持つイノベーション、インテグリティ、製品性能、チームワークによって裏打ちされたものです。今ほど、この私たちのプロミスが必要とされ、拠り所になっている時はないでしょう。私たちのアソシエートはお互いに、そしてお客様にコミットしています。またゴアは、私たちのアソシエートとそのご家族を心から大切に考えています。そして私たちが持つツールや専門性全てを使って、でき得る限り地域社会の皆様をサポートしてまいります。共に、この状況を乗り越えていきましょう。

ゴア・エンタープライズ・リーダーシップチームを代表して
社長兼CEO
ジェイソン・フィールド


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するエンタープライズ・リーダーシップチームからのメッセージ

2020年3月18日

私たちは今、この先行き不透明な状況を共に乗り越えようとしています。こうした中、最も重要なことは、アソシエート(社員)、お客様、地域社会の皆様の安全と健康です。ゴアでは意思決定を行うグローバル・パンデミックチームを設置し、リスクの低減、事業運営への世界的な影響の精査、円滑なサプライチェーン維持のための横断的な調整を進めています。人々の生活を向上させ、時には命を救う私たちの製品を信頼してくださっているお客様のために、引き続き貢献してまいります。

ゴアの事業拠点がある地域社会の皆様や弊社アソシエートへの感染リスク低減のための取組みのひとつとして、全世界の各事業所内に在籍する人数を減らしています。在宅勤務を推奨し、お客様やお取引様などとの必要なミーティングはバーチャルで対応させて頂いております。出社が必要なアソシエートにおいては、感染予防の対策をした上で勤務しています。

また現在、世界のさまざまな地域において感染が拡大し、その状況も異なっています。休校や外出自粛要請が出ている地域もあり、多くのアソシエートがその影響を受けています。これらに対応するため、ゴアでは継続的に休暇や福利厚生の見直し、また追加措置を講じています。感染曝露評価にもよりますが、隔離が義務付けられた場合や在宅勤務ができない場合は2週間までの有給休暇を付与します。

ゴアは、アソシエートおよびゴアの製品に信頼をお寄せいただいているお客様や地域社会の皆様のために正しいことを行っていくことにコミットしています。引き続き感染状況を見極め、政府、公共保健機関、および社内のグローバル・パンデミックチームのガイダンスに留意し、事業運営やプロセスを適切に調整してまいります。

改めて、ゴアとビジネスをしてくださっているお客様、またアソシエートとそのご家族やご友人の皆様のご健康をお祈りいたします。前例の無い状況に直面しておりますが、私たちは必ず共に乗り越えることができると信じています。

ゴア・エンタープライズ・パンデミックチームを代表して
社長兼CEO
ジェイソン・フィールド