「ゴアセレクト® メンブレン」、Sunrise Powerの車載燃料電池スタックの運転を5,000時間超にわたってサポート


2018年5月15日

米国メリーランド州エルクトン(2018年5月15日)- W. L. Gore & Associates(以下、ゴア)は、Sunrise PowerのHYMOD®-300車載用燃料電池スタック向けプロトン交換膜(PEM)の主要サプライヤに選ばれたと発表しました。中国の車載燃料電池スタック/システムのリーディングカンパニーであるSunrise Powerは、「ゴアセレクト® メンブレン」を導入することで、自社の最新システムが燃料電池自動車の商業化において重要な耐久性および信頼性に関する要求特性を満たすことに成功しました。

燃料電池において水素と酸素の電気化学反応を促進するゴアセレクト® メンブレンのサポートにより、Sunrise Powerの燃料電池スタックは、5,000時間を超える運転試験をクリアすると同時に、-10℃での低温始動および-40℃での保管への対応も可能になりました。

Sunrise Powerの最高技術責任者(CTO)兼バイス・ゼネラル・マネージャーのHou Zhongjun博士は、「ゴアセレクト® メンブレンの優れた耐久性は、燃料電池スタックが5,000時間運転という壁を打ち破る信頼性の高い技術を提供しました」と述べ、さらに「運転条件の厳しい車載用スタックのHYMOD®-300の開発において、5,000時間を超える耐久性を実現できたことは重要なマイルストーンとなりました」と語りました。  

クリーン・エネルギー技術

ゴアはePTFE(延伸ポリテトラフルオロエチレン)を用いた独自の補強膜技術を使用しています。この補強膜技術により、ゴアセレクト® メンブレンは十分な強度を保ちながら薄膜化することが可能で、費用対効果に優れた燃料電池技術をサポートします。

ゴアは20年以上にわたり、膜/電極接合体(MEA)とPEM燃料電池技術のサプライヤとして世界をリードしています。現在、ゴアセレクト® メンブレンは運転条件の厳しい車載用燃料電池スタックの業界標準PEMとして認識されていますが、自動車以外の輸送用途の燃料電池や可搬型・定置型燃料電池においてもその実力は実証されています。

ゴアの燃料電池部材の詳細はhttps://www.gore.co.jp/fuelcells をご覧ください。

ゴアセレクト® メンブレン

ゴアセレクト® メンブレン

Sunrise Power HYMOD®-300車載燃料電池スタック

Sunrise Power HYMOD®-300車載燃料電池スタック

W. L. Gore & Associates(ゴア)について

ゴアは、業界に変革をもたらすことで人々の生活の向上に全力を尽くしている、技術主導型の企業です。1958年の創業以来、私たちは要求レベルの高い環境における複雑な技術的課題を解決する企業として、その評判を築いてきました。― GORE-TEX® ファブリクスでアウターウエア業界に革命を起こしたのをはじめ、生活を改善し命を救う医療機器の開発、また航空宇宙、製薬、モバイルエレクトロニクス、その他多くの分野で新たなレベルのパフォーマンスの実現に寄与してきました。またゴアは、チームワークを大切にする企業文化を持つことで知られており、Great Place to Work® Instituteから継続的に評価されています。デラウェア州ニューアークに本社を置き、約9,500人のアソシエートを擁し、年間売上は30億ドルを超えています。

詳細は、www.gore.com をご参照ください。

*日本ゴア株式会社は W. L. Gore & Associates(ゴア)の一員です。

Sunrise Power Co., Ltd.について

Sunrise Powerは燃料電池技術の開発と燃料電池製品のマーケティングに携わる中国初の専門的なジョイント・ストック・カンパニーです。車載電源/バックアップ電源向けのPEM燃料電池技術の開発を専門としています。PEM燃料電池のスタック部材や、燃料電池スタック、燃料電池システム向けソリューションをお客様に提供しています。詳細はhttp://en.fuelcell.com.cn/をご覧ください。

GORE, ゴア, ゴアセレクト, GORE-TEXはW. L. Gore & Associatesの商標です。HYMODはSunrise Power Co., Ltd.の商標です。その他の商標に関する権利は、各権利者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先