農業用化学薬品向けゴア® パッケージングベント

農薬や液体肥料などの農業用化学薬品は、散布時や保管時に適切な通気が必要です。通気が不十分な場合、容器の膨張や潰れ、液漏れの原因になります。またそれにより利用者にリスクが生じ、突発的なコストの発生にもつながります。ゴアのパッケージングベントは、優れたePTFEメンブレン構造を用いて通気を確保し、内容物の濃度が高い場合であっても容器からの液漏れを防ぐことが可能な、通気フィルターです。

資料ダウンロード

GORE® Packaging Vents: Reliable Protection for Extreme Challenges and Everyday Applications

パッケージングベント

本カタログでは、有害化学薬品、工業用または農業用化学薬品や家庭用洗浄剤の容器に変形や液漏れ、破裂を引き起こすおそれのある条件について、また、ゴア® パッケージングベントのスナップインベントとライナー製品が容器のダメージを確実に防止する仕組みについて説明しています。

Japanese

関連資料: 農業用化学薬品向けゴア® パッケージングベント

製品概要

化学薬品は通気を保つ必要があります。農薬や液体肥料といった農業用化学薬品は、それ自体にばらつきがあり程度は異なるものの、発酵やガス放出を伴うため通気の必要があります。

適切な通気機構がない状態で高度や温度の変化を受けると、容器が潰れたり、膨らんだり、液漏れが起こったりします。パレットが潰れる、またはラベルが侵食されて読めなくなることも考えられます。消費者が液漏れした化学薬品に触れることによるリスクが生じる、またメーカーは生産性の低下や顧客満足度の低下の結果として収益が減少する恐れがあります。

ゴアのパッケージングベントは、製品の濃度が高い場合であっても、これらのリスクを抑えます。また、厳しいDOT(米国運輸省)やADR(欧州危険物国際道路運輸送協定)の規格もクリアしています。

ベントが必要な理由

それはベントが、液体容器の変形や液漏れ、破裂を引き起こす圧力差を緩和する、安全かつ信頼性の高い手段だからです。

化学薬品メーカーにとってこのような不具合は、出荷や倉庫内作業の生産性や効率を下げる可能性があります。また、不具合品が返却されたり、そもそも販売できなかったりすると、利益やブランドイメージも損なわれます。

キャップや容器のメーカーでは、容器類の問題を究明し解決するのに時間とコストがかかる可能性があり、その間に顧客満足度も低下しかねません。

サプライチェーン全体としては、液漏れは問題処理にコストがかかるだけでなく、エンドユーザーに高いリスクが生じたり、環境に影響を及ぼしたりする可能性もあります。

GORE® パッケージングベントは、これらのリスクを最小限に抑えます。確実かつ継続的な圧力調整により液漏れを防ぎ、容器とその内容物を安全に保ちます。

 

ガスの放出と消費

ガスの放出と消費

 

化学薬品の有効成分の中には、容器内でガスを放出する(オフガス)ものがあります。このガスを逃がすことができないと、容器の膨張や液漏れ、さらには破裂さえ引き起こします。反対に、有効成分には酸素を消費する(ガス消費)ものもあり、これによって負圧が生じ、容器がへこむ場合があります。

 

温度の変化

温度の変化

 

温度変化や異なる環境条件にさらされることによっても、容器は変形する可能性があります。温度が上昇すると、容器上部の空間にあるガスは膨張し、化学物質の反応や分解が促進されます。その結果内圧が上昇して容器が膨らむことがあります。また温度が下がると、内圧が下がり容器は収縮します。急激あるいは極端な温度変化では、このような変形が加速されます。

高度の変化

高度の変化

 

輸送中に高度が変化すると、容器内外で圧力差が生じます。標高が高くなると容器の内圧が上昇して膨張し、標高が低くなると容器の内圧が下がって収縮します。急激あるいは極端な高度変化では、このような変形が加速されます。

 

液体ディスペンサー

液体ディスペンサー

 

液体を注ぎ出すと、容器内の圧力が下がります。容器内外の圧力差が改善できない場合、容器がへこむ可能性があります。

 

有害化学薬品および業務用洗浄剤

国連オレンジブックでは、危険物質の容器に通気機構を設ける場合、液漏れが一切発生しない設計を行うことを勧告しています。容器類を設計する際には、内容物のライフサイクル全体を通して容器が損傷しないように、この課題に対処する必要があります。

国連オレンジブックで容器に通気機構が必須とされている化学薬品の例

  • 塩素系漂白剤:UN 1791

  • 過酸化水素:
    UN 2014, UN 2015, UN 2984
  • 過酸化水素と過酢酸の混合物:
    UN 3149
  • 有機過酸化物:
    UN 3109, UN 3110, UN 3119, UN 3120

 

Chemicals

農薬および液体肥料

国連オレンジブックでは、容器の変形を起こしうるあらゆる内容物について、通気機構を設けることを勧告しています。オフガスや酸素消費の量が多くなる高濃度の農薬や肥料であっても、通気していれば、容器の変形や液漏れ、ラベルの損傷を防げます。

通気が必要な農業用化学薬品の例

  • 有機/無機肥料
  • 農薬
  • バイオスティミュラント
  • 園芸用薬液

 

Agricultural

家庭用化学薬品

最近では化学薬品がより高濃度化しているだけでなく、変形や液漏れ、ラベルの損傷がある容器は顧客に受け入れられないため、家庭用化学薬品に対する通気の必要性が高まっています。適切なパッケージングで顧客を満足させるためには、通気機能の信頼性が非常に重要です。

圧力調整のために通気が必要な一般的な用途

  • カーペットクリーナー
  • 洗濯槽用汚れ除去剤
  • パイプ詰まり除去剤
  • 漂白剤や塩素を含む表面洗浄剤
  • カルシウム除去剤

 

Household Chemicals

ゴアが選ばれる理由

容器類の膨張やへこみ、液漏れなどの問題を解決するには、ゴア製品が最適です。納得できるさまざまな理由があります。

メンブレン技術の先進的企業
  • 世界で最初にePTFEメンブレンを発明し、その後も数多くの高度なメンブレン技術の開発と特許取得を続けてきました。
  • 使用するメンブレンは購入品ではなく、自社で設計、製造したゴア™ メンブレンのみです。
  • 独自のプロセスによって、ePTFEの製造、さらには個別用途のニーズに応じたカスタマイズを行い、さまざまな特性を実現しています。
     
Membrane Technology Leadership
化学的専門知識
  • オフガスが発生したり、酸素を消費したりするため通気が必要な化学薬品について、高度な専門知識を培ってきました。
  • ゴアの研究開発チームは、流体の粘度と表面張力が通気性能に及ぼす影響について、詳細な調査を行ってきました。
  • また、実際の環境に対応した通気性能を評価するため、「残存通気量」と「耐液圧」について独自の試験手順を作成しました。
Chemical Expertise
品質の確保
  • 製造工程内でカメラ検査と耐水圧検査を実施しています。
  • スナップインベント(成形品)は、ほぼすべての製品で実際の生産データと特定の工程内性能特性に紐付けられたレーザー刻印による固体識別番号が入っています。万一問題が発生した場合、いつでもこのデータを取得して対応できます。
  • ゴアのベントは、厳格な性能要件を満たしています。危険物に関する厳しい承認試験に合格しており、DOT(米国運輸省)やADR(欧州危険物国際道路輸送協定)の規格にも適合しています。
Quality Assurance
グローバル対応
  • 世界各国で用途に応じた技術サポートを提供しています。必要に応じてさまざまな試験を行える評価施設などがあり、最適なベント製品の選定や非常時の対応が可能です。
  • グローバルな営業ネットワークにより、迅速かつ簡単で便利な購入が可能です。
  • 米国、ドイツ、日本の製造拠点には、特定の製品群に特化したチームが設けられています。
Global Resources and Support
実績
  • 有害化学薬品や農薬、業務用洗剤、家庭用化学薬品などのパッケージング用途において、20年以上の経験があります。
  • ゴアの製品には、主要な化学製剤メーカー各社や世界各地のキャップ・容器メーカーが信頼を寄せています。これらの企業に導入されたゴア® パッケージングベントの総数は、延べ数億個に上ります。
Experience

製品一覧

D18, D17, D15

D38 / D17 / D15:
ゴアで最も安定性と信頼性が高いベントフィルターで、非常に反応性の高い工業用化学薬品や危険物の容器向けです。 ADRの落下試験に適合しています。

D15 Converse

D15 逆向きタイプ:
カートリッジなどの容器に外側から組み込むことができる、注入/供給の用途に最適なベントフィルターです。

D10, D6

D10 / D6:
家庭用・業務用洗浄剤のディスペンサーのような用途に対し、安全性・耐久性を高めつつコストダウンを可能とした、高性能・省スペースのベントフィルターです。

D3

D3:
内側から外側に対する圧力のみを調整する特殊用途向けのベントフィルターです。ガスは発生しないものの製品の流れを良くするために圧力バランスが必要となる、非常に小さいカートリッジやディスペンサーなどに適しております。

詳細については、新しくなったゴア® パッケージングベント製品ラインアップのデータシートをダウンロードしてご覧ください。

ライナー製品

ライナーを使えば、現在のキャップやふたを改造しなくても、通気性をもたない既存の容器を、通気性の高いものに簡単に変更できます。いずれのライナーも、1列および複数列のロール品を各種の幅で取り揃えており、打ち抜き品も供給可能です。ゴアのライナーには、フォームライナーと高周波溶着パルプライナーの2種類があります。

新推出的泡沫衬垫:

フォームライナー(新製品):
2タイプの全面メンブレン形状があり、平坦な構造のキャップ全般に取り付けられます。一般消費者用の薬品から、DOTおよびADRの規制対象となるパッケージまでの各種用途に対し、シングルポイントライナーや通気性のないライナーなどと容易に差し替え可能です。

Pulp Induction Liner

高周波溶着パルプライナー:
2タイプがあり、農業用化学薬品の容器(最大5ℓ)向けです。溶着組付タイプなので、確実に開封・未開封が確認できます。メンブレン構成は、ガスを吸収する薬品やガスを放出する液体に必要な通気性が得られるようになっています。

詳細については、新しくなったゴア® パッケージングベント製品ラインアップのデータシートをダウンロードしてご覧ください。

関連資料

最新ニュース

ニュース

ゴア® フォームライナー:高撥液シリーズ

公開日: 2017年4月13日

ゴア® パッケージングベントの新しい高撥液タイプは、全面構造のフォームライナーにゴアの最先端のメンブレン技術を使用しており、容器の変形や液漏れに対するかつてないレベルの耐性を獲得しています。特に、危険有害性の高い薬品や反応性の高い薬品、農業用化学薬品、業務用クリーナー、家庭用薬品など、保管や輸送、ハンドリングの際に非常に過酷な条件にさらされる用途では、高撥液シリーズを使用することで、パッケージの損傷の心配が減り、安全性についての安心感が高まります。

ニュース

ゴア® フォームライナー:標準シリーズ

公開日: 2017年4月13日

ゴア® パッケージングベントの新しい標準シリーズは、改良されたゴア™ メンブレンの技術を全面構造のフォームライナーに使用しています。標準シリーズによって、家庭用の薬品から肥料・農薬に至るまでの幅広い通常パッケージ用途で汎用性・経済性・安全性が向上します。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。