ろ過布用途のソーイングスレッド

ゴア® RASTEX® ソーイングスレッドは、ろ過布用途に設計された耐薬品性、耐熱性、耐湿潤性に優れた100%ePTFE製の縫製糸です。

製品概要

ゴア® RASTEX® ファイバーソーイングスレッドは、100%ePTFE製で、ろ過布用途向けに設計された耐薬品性、耐熱性、耐湿潤性に優れた100%ePTFE製の縫製糸です。

主な特長と利点

主な特長

  • 30年におよぶ豊富な実績
  • 縫製しやすい伸縮性
  • 100% ePTFE製
  • 高温下での低収縮性
  • 室温、高温下での高い引張り強度保持特性
  • 経年劣化なし
  • 化学的に不活性

主な利点

  • さまざまな種類の耐薬品性、耐熱性縫製糸をこれだけで代用できるため、在庫と物流の簡素化が可能
  • 交換時間と工数を低減
  • 複数の種類の糸を使い分ける必要がなくなることによる機械調整時間削減
  • 化学薬品、高温、湿潤な環境下でも劣化なし

よくある質問

縫製されたフィルターバッグやカートリッジが壊れるのはなぜですか?

フィルターバッグ、カートリッジフィルターなどのろ過材は、耐薬品性、耐熱性、耐湿潤性が求められる環境下で長期間使用されることがあります。これらの過酷な条件によって、ろ過材と縫製糸は劣化しますが、縫製糸が最初に劣化する傾向があります。場合によっては、糸が使用環境に適していないことがあります。

高温状態で、PTFEろ過布用縫製糸の破壊強度がなぜそれほど重要なのですか?

PTFE縫製糸は多くの場合、厳しい化学薬品環境下で200-260℃などの高い温度環境下で使用されます。このような環境下では、通常のPTFE縫製糸より強度保持力が高い延伸PTFEであるゴア® RASTEX® ソーイングスレッドは、長く縫製糸としての役割を果たします。この特性により、交換頻度を大幅に減らし、使用期間全体にわたって安心して使用することができます。

高温環境下で、PTFEろ過布用縫製糸の収縮特性がなぜそれほど重要なのですか?

ろ過布用PTFE縫製糸は230-260℃といった高温環境下で使用することがあります。このような高温環境下では糸は収縮しやすく、糸の収縮により縫製箇所が収縮します。収縮が大きいとフィルターの寸法が安定しなくなり、フィルターの機能と性能が損なわれます。ゴア® RASTEX® ソーイングスレッドは延伸PTFE製のため、熱収縮を他の製品に比べると非常に小さい3%以下に抑えていますので、フィルターの性能を最大限引き出します。

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。