製造不良を低減、歩留まりを向上

ゴア® MEMSプロテクティブベント:「Style 100」「Style 200」

GORE MEMS Protective Vent

新しいMEMSマイクロフォン保護技術

ゴアのMEMSプロテクティブベントで、歩留まり損失を解消

GORE MEMS Protective Vents Style 100 and 200

プリント基板(PCB)の実装工程で発生するMEMSマイクロフォンの不良が、大きな技術的課題となっています。ゴアの設計・エンジニアリングチームは、こうした課題に対するユニークなソリューションとして、新しいゴア® MEMSプロテクティブベントを発表しました。

従来より使用されている無孔テープはマイクロフォンの音孔をカバーし、汚染物質の侵入を防ぎます。一方で、高温のはんだリフロー工程で、マイクロフォンの損傷の原因となる圧力上昇の影響を受けやすく、製造工程内での音響性能試験の実施を困難にします。

プリント基板実装向けとマイクロフォン・メーカー向け、それぞれのニーズに応える「Style 100」と「Style 200」の2種類の製品を用意しています。「Style 200」は、最大280℃で40秒間の複数リフローサイクルに対応します。

 

 

ゴア® MEMSプロテクティブベント「Style 100」「Style 200」の特長

  • 微粒子に対する保護:微粒子に対する信頼性の高い保護機能を提供し、汚染物質の侵入を防ぎます。これにより表面実装(SMT)工程での製造不良を低減することで、メーカーの歩留まり向上を可能にします。
  • 圧力調整:通気性に優れたePTFEメンブレンによりマイクロフォン音孔の通気を可能にし、マイクロフォンの性能に影響を与える圧力上昇を抑制します。
  • 製造工程での音響性能試験:製造工程内で機器内部の音質や透過性のモニタリングを可能にすることで、製造効率が向上します。

 

ゴアは、量産時の高速実装で発生する非常に大きな負荷に対応するゴア® MEMSプロテクティブベントの製造で、OEM企業、マイクロフォン・メーカー、契約メーカーと直接協力しており、その製造実績は1億個を超えています。

ゴア® MEMSプロテクティブベントの紹介ビデオ(英語)はこちら

製品特性
型番 VP0001MPX
メンブレンのタイプ ePTFE
メンブレン特性 撥水性
メンブレンの色
最小通気量(差圧=7kPa) 10 ℓ/hr
粘着材のタイプ シリコーン系
粘着材の耐熱温度 最大260度で3分間

 

製品特性
型番 VP0002MPN
メンブレンのタイプ ePTFE
メンブレン特性 撥油性
メンブレンの色
最小通気量(差圧=1.2kPa) 6 ℓ/hr
粘着材の耐熱温度 最大280度で40秒間