日本ゴア、「マイクロウェーブ展2018」に先進的なマイクロウェーブ/RFテストアセンブリを出展

日本ゴア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ピート・クビッツネ)は、高い周波数で動作し、長期的な信頼性を提供するマイクロウェーブ/RFソリューションを拡充しています。このたび、5Gテクノロジーテストシステムで課題となる再現性の高い測定とトータルコストの削減を可能にする先進的なマイクロウェーブ/RFテストケーブルアセンブリを「マイクロウェーブ展2018」に出展します。

現在、データ・スループットや携帯端末容量が大幅に拡充され、通信品質向上への市場の要求にも対応できる第5世代移動通信(5G)の検証が行われています。その際に重要な課題となるのが、測定の再現性と信頼性の向上です。

5Gテストは6GHz超の高周波数テスト・コンポーネントとポート数の増加のため、複雑さを増しています。複数の機能が1つのコンポーネントに統合されることから、頻繁な較正が必要になります。テストでは同時に、高速スループット、較正頻度やダウンタイムの削減、トータルコストの低減のため、正確な測定が必要とされています。

ゴアのプロダクト・スペシャリストのクリス・コックスは「5Gアプリケーション向けテストアセンブリは極めて重要です。耐久性や柔軟性と同時に、小口径で軽量なアセンブリに対するニーズの重要性も高まっています。信頼性も5Gではさらに重要になります」と述べました。


「マイクロウェーブ展2018」に出展

日本ゴア株式会社はパシフィコ横浜で11月28日(水)から11月30日(金)まで開催される「マイクロウェーブ展2018」に出展し、高周波ケーブルに関し長年培った専門知識を活かし、5Gテクノロジーテストシステムで課題となる再現性の高い測定とトータルコストの削減を可能にするマイクロウェーブ/RFテストケーブルアセンブリを紹介します。ゴアのブース(ブース番号:G-03)にぜひお立ち寄りください。

【主な出展内容】
  • ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ
    • 最大110GHz対応、新製品0N(ゼロエヌ)タイプ、高位相安定・高振幅安定、高再現性製品
  • ゴア® VNA マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ
    • 最大70GHz対応、業界標準VNA専用設計品
  • ゴア® マイクロウェーブ/RFアセンブリ
    • 最大67GHz対応、高密度実装や装置内配線、テスト用汎用製品
  • 航空宇宙用マイクロウェーブアセンブリ
    • 民間、防衛、宇宙用途に対応

出展の詳細については、こちらをご覧ください。
 

パフォーマンス・ソリューションズ・ディビジョン

ゴアは航空宇宙、自動車、製薬、モバイルエレクトロニクス、石油・ガス、その他さまざまな用途や産業向けに、複雑な製品やプロセスの課題を解決するための製品とテクノロジーを開発しています。ゴアは世界のさまざまな業界のリーディングカンパニーとの緊密なコラボレーションを通じて、要求が厳しい多種多様な環境下で、お客さまがより安全に、よりクリーンに、生産性・信頼性・耐久性・効率性の高い製品やプロセスを設計できるよう支援しています。

W. L. Gore & Associates(ゴア)について

ゴアは、業界に変革をもたらすことで人々の生活の向上に全力を尽くしている、技術主導型の企業です。1958年の創業以来、私たちは要求レベルの高い環境における複雑な技術的課題を解決する企業として、その評判を築いてきました。― GORE-TEX® ファブリクスでアウターウエア業界に革命を起こしたのをはじめ、生活を改善し命を救う医療機器の開発、また航空宇宙、医薬品、モバイルエレクトロニクス、その他多くの分野で新たなレベルのパフォーマンスの実現に寄与してきました。またゴアは、チームワークを大切にする企業文化を持つことで知られており、意識調査機関Great Place to Work® Instituteから世界的な評価を得ています。デラウェア州ニューアークに本社を置き、9500人のアソシエートを擁し、年間35億ドルの売上を上げています。詳細は 、www.gore.com をご参照ください。

*日本ゴア株式会社は W. L. Gore & Associates(ゴア)の一員です。

GORE, ゴア, PHASEFLEX, GORE-TEXはW. L. Gore & Associatesの商標です。その他の商標に関する権利は、各権利者に帰属します。  

本件に関するお問い合わせ先

こちらからお問い合わせください。