ゴア® 通信インフラ用プロテクティブベント

ゴアの通信インフラ用プロテクティブベントは、電子部品を結露や塵埃等から守り、メンテナンスや保証対応のコスト削減に貢献します。

製品概要

通信安定性の向上と、製造・メンテナンスコストの削減を同時に実現
ゴア® 通信インフラ用プロテクティブベント - 用途

今日の通信システムには、あらゆる場所で確実に接続できることが求められています。そのために、これまで以上に多くの通信機器が遠隔地に設置され、そして、これまで以上に多くの機器が極めて厳しい環境条件にさらされることになります。

ゴア® プロテクティブベントは以下のような機能を持っています。これらの機能によって、通信機器の長寿命化やメンテナンス費用の削減、保証クレームの頻度の低減とお客様の満足度の向上に貢献します。

  • 筐体の内外圧力差を効果的に解消し、シール部からの水・塵埃の侵入を防止
  • 結露を低減し電子機器の機能低下を予防
  • 筐体のシール部分にかかる圧力差による負荷を軽減
  • 雨の浸入、大気中の塵埃などの汚染物質の侵入を遮断
  • 過度に堅牢な筐体設計が不要となり、コストと重量を削減

世界のベント技術をリードするゴアは、15年以上にわたり、通信業界向けに設計されたベントソリューションを開発してきました。ゴアのグローバルR&Dとエンジニアリングチームは、初期製品コンセプトからプロトタイプ、サンプリング、テスト品、本製品の開発まで、あらゆる工程でお客様のパートナーとして協力させていただきます。

ベントが必要な理由

屋外に設置される電子機器の筐体は、さまざまな環境要因による危険にさらされています。筐体内部の繊細な電子部品の性能や信頼性、寿命にも影響を及ぼす可能性があります。

屋外電子機器の課題

破損したシール

筐体のシール

密閉筐体の周辺環境が急激に、極端に、または繰り返し変化すると、筐体の内外に圧力差が生じます。気温の極端な変化(晴れた暑い日の急な雷雨)や、標高の変化(移動中)、内部の熱源が常に加熱と冷却を繰り返している場合などは、いずれも密閉筐体内外に圧力差が生じる要因となります。例えば、温度が急激に下がると筐体内に負圧が生じます。この圧力差が解消されないと、負圧によって筐体のシール部分に継続的に負荷が加わると、時間の経過とともにシール部分が破損して、水分や泥、粉じん、微粒子などの汚染物質が吸い込まれるリスクが高まります。

結露

結露で曇ったガラス部

シール部分の破損以外に水分が浸入する要因としては、水蒸気が自然な分子運動によってプラスチック筐体の壁を透過する水分拡散があります。密閉筐体に入って出られなくなった水蒸気は、結露して水になります。結露が密閉筐体内にとどまると、レンズ機能を低下させたり、繊細な電子部品やバッテリーの接点に腐食を発生させたりする可能性があります。

ゴア® プロテクティブベントによる信頼性の高いソリューション

圧力調整により筐体とシール部分を保護

ゴア® プロテクティブベントは、密閉筐体内外の圧力差を速やかに調整して、内部の負圧発生や圧力上昇による筐体のシール部分への負荷を低減させます。ベントのない筐体の場合、温度サイクルが繰り返された後では、わずか70 mbar(1 psi)の圧力差でもシール部分から漏れが生じる場合があります。ゴアのベントは、シール部分の早期故障を防いで筐体の完全性を確実に守ります。

圧力調整により筐体とシール部分を保護

汚染物質を防止して電子部品を保護

ゴア® プロテクティブベントは、雨水の浸入や、昆虫から泥、粉じん、砂、その他の微粒子に至るさまざまな汚染物質の侵入を確実に遮断します。その一方で、空気の分子はベントを通過できるので、筐体内の負圧発生による外部汚染物質の吸い込みを防ぎます。ゴアのベントによって電子部品は確実に機能し、メンテナンスや保証対応にかかるコストを削減できます。

空気はメンブレンを通過。液体と粒子は、はじかれる。

結露を低減して腐食から保護

ゴア® プロテクティブベントは、多孔質メンブレンを通じて水蒸気の分子を拡散させ、筐体から放出させます。内部の水分量を減らすことで、レンズなどの内部面の結露や、電子部品の腐食による早期故障を防止します。

水蒸気の分子はメンブレンを通過

危険なガスの滞留を防止

機器の通常運転時や充放電の際、バッテリーは発熱し水素などのガスを放出します。これによって、爆発の可能性すらある危険な状況に陥る恐れがあります。ゴア® プロテクティブベントは、危険なガスの分子を効果的に放散させます。バッテリー部品の内外の圧力差を継続的に調整することで、爆発の危険性を減らしながら、液体や微粒子に対する防御機能を維持します。

ガスの分子はメンブレンを通過
通信インフラ向けの多様なベントソリューション

ゴア® プロテクティブベントの機能と性能の詳細は、こちらのカタログ(英語)でご確認ください。

タワートップ型通信機器筐体
タワートップ型通信機器筐体 タワートップ型通信機器筐体内に水が浸入すると、電子部品の腐食やショートの原因になります。ゴア® プロテクティブベントは、水蒸気を拡散させることによって、腐食とショートの原因となる筐体内の結露を抑えます。
基地局用バッテリーユニット
基地局用バッテリーユニット 爆発の危険を防ぐためには、バッテリーから発生する水素ガスの排出路が必要です。ゴア® プロテクティブベントは、汚染物質を遮断しながらガスをユニット外に排出します。
スモールセルノード
スモールセルノード スモールセルノードで一般的に使用されるプラスチック筐体には、内外圧力差の影響を受けやすいという問題があります。ゴアのベントソリューションは、水の浸入から電子部品を守ります。また、環境基準にも適合しています。
アンテナチルトモーター
アンテナチルトモーター アンテナチルトモーターの機械部品は、水やその他の汚染物質にさらされると不具合が生じる場合があります。ゴア® プロテクティブベントは、腐食の原因となる水や汚染物質を遮断するバリア機能を提供します。
カバレッジシステム
カバレッジシステム 中継機やバックホール回線接続機器など、ポイント・ツー・ポイント通信やマイクロ波無線などのサービスエリアを維持する装置に水が浸入すると、シグナルインテグリティーが損なわれます。ゴア® プロテクティブベントは、装置筐体の内圧を調整することで筐体シール部分への負荷を軽減し、水の浸入を防ぎます。
タワーマウントセンサー
タワーマウントセンサー 急速な温度変化によりセンサー内部に負圧が生じ、シール部分の損傷につながる可能性があります。その結果、内部に侵入した水がセンサーのドーム部分で結露し、日光を遮蔽して測定値の精度が低下します。ゴア® プロテクティブベントはセンサー内の圧力を調整し、シール部分に損傷を与える負圧の発生を防ぎます。

 

製品一覧

衝撃耐性を向上:ゴア® ポリベント ステンレススチール

衝撃耐性を向上:ゴア® ポリベント ステンレススチール

新たに最高等級の機械的衝撃耐性を実現。 詳細はスクリューイン(ねじ込み型)シリーズの製品ラインアップをご覧ください。
*IK10等級は機器ではなく、ゴア® ベントに適用されます.

スクリューイン(ねじ込み型)シリーズ

スクリューインシリーズは、水や塩分、腐食性の高い液体の浸入を阻止し、浸漬後も高い保護性能を発揮します。高耐久性のOリングが安定したシール性能を提供し、耐加水分解性に加えて紫外線耐性と耐熱性にも優れ、製品の耐久性の向上と長寿命化を実現します。さまざまな用途において簡単に設置できるよう設計された丈夫なスクリューインシリーズには、次のタイプがあります。

ゴア® ポリベントXS ゴア® ポリベントXS
厳しい工業規格に適合したコンパクトな省スペース設計のベントです。近年増加している小型(容積2リットル以下)の筐体に最適です。
ゴア® ポリベント標準タイプ ゴア® ポリベント標準タイプ(M12×1およびM12×1.5)(M12×1およびM12×1.5)
容積が最大5リットルまでの筐体に適しており、信頼性の高い効果が得られます。色は黒とグレーの2色です。長ピッチ製品(ネジ規格:M12x1.5)は、ゆるみ止めナット付きでもナット無しでも取り付け可能です。
ゴア® ポリベント高通気タイプ ゴア® ポリベント高通気タイプ(M12×1.5)
標準タイプと同レベルの保護性能に加えて、10倍近い通気量が得られます。容積50リットル以下の筐体に適しており、過酷な気象条件による大きな圧力差にも容易に対応します。
ゴア® ポリベントXL ゴア® ポリベントXL
特大サイズの筐体(容積200リットル以下)において非常に高い通気量を維持します。太陽光発電用耐久規格(IEC62108)などの厳しい工業規格に適合しています。
ゴア® ポリベントステンレススチール 耐衝撃性を向上:ゴア® ポリベント ステンレススチール
新たにIK10の耐衝撃性を実現し、業界最高の機械的衝撃耐性、優れた耐久性、耐腐食性、耐薬品性を提供します。最も厳しい環境条件でも、容積20リットル以下の筐体を確実に守ります。
GORE PolyVent Ex+

新製品のゴア® ポリベントEx+
は、爆発の可能性のある環境で稼動する機器向けに、IECExとATEX両方の認証を取得しています。容積20リットル以内の筐体で優れた通気性能が得られます

スナップイン(はめ込み型)シリーズ

スナップインシリーズは、非常に過酷な環境においても、確かな通気性能により、長期にわたり安定した保護性能を発揮します。手作業で容易に取り付けられるだけでなく、全自動または半自動の大量生産ラインにも導入できるよう設計されています。このシリーズのほぼ全ての製品に個体識別用レーザーマーキングが施され、製品トレーサビリティーに優れています。さまざまな用途に対応できるよう、下記4タイプを用意しています。

ゴア® ポリベントインセット

ゴア® ポリベント ハイジ
低コストかつ短時間での導入だけでなく、内部から取り付けることにより、外部からほぼ見えない状態での設置も可能です。容積2ℓ以内の筐体に適しています。

polyvent_xs

ゴア® ポリベント XS
ポリベント 標準タイプを30%小型化し、容積が最大5ℓまでの軽量かつ薄型の筐体に最適です。

ゴア® ポリベント標準タイプ ゴア® ポリベント標準タイプ
容積5リットルまでの筐体に適し、多くの用途で信頼性の高い性能を発揮します。
ゴア® ポリベント高通気タイプ ゴア® ポリベント高通気タイプ
疎水性タイプと撥油性タイプがあり、容積30リットルまでの筐体で高い通気量を維持します。

粘着材付きシリーズ

設計自由度が高く、ほとんどすべての用途に適している薄型の粘着剤付きベントです。筐体の内外を問わず、機械でも手作業でも、手早く簡単に設置できます。このシリーズは多種多様なサイズ、設計、構成で展開しておりますが、個別用途のための要望や形状に合わせたカスタマイズも可能です。

ここに掲載している製品以外のベントを使用中のお客様は、お手数ですがご連絡いただきますようお願い申し上げます。

ゴア® 粘着剤付きベントVE7 ゴア® 粘着剤付きベントVE7
さまざまな筐体に使用できます。製品自体が全てメンブレンで構成されているため、耐久性が高く、耐熱性にも優れています。
ゴア® 粘着剤付きベントVE8

ゴア® 粘着剤付きベントVE8
撥油性と高通気量が求められる用途向けのベントです。筐体内部への取り付けに適しています。

ゴア® 粘着剤付きベントVE9

ゴア® 粘着剤付きベントVE9
さまざまな筐体に利用できます。製品自体がすべてメンブレンで構成されているため、耐久性・耐熱性に優れるとともに、高い通気量を維持する設計です。

関連資料

最新ニュース

プレスリリース

新しいゴア® ポリベント Ex+、爆発性雰囲気下でも機器の高い安全性と保護性能を実現

公開日: 2017年11月28日

日本ゴア株式会社は、ゴア® ポリベント Ex+を発表しました。ゴア®ポリベント Ex+はプロテクティブベントのスクリューインシリーズの最新製品で、防爆安全基準であるIECExとATEXの認証を取得済みです。

ニュース

新製品 ゴア® ポリベントEx+:IECEx/ATEXの防爆認証を取得

公開日: 2017年11月27日

新発売のゴア® ポリベントEx+は、ゴア® プロテクティブベントのスクリューイン(ネジ込み型)シリーズの機能に加えて、IECExおよびATEX準拠の防爆性も備えています。過酷な環境で求められる妥協のない確かな性能を発揮し、作業員と機器の両方に対する「長期安全性」を高めるプラス(+)アルファの特長を備えた製品です。

ニュース

ポリベント高通気タイプの新製品 ネジ込み式のゴア® プロテクティブベントが次世代の性能を身につけリニューアル

公開日: 2015年11月4日

ゴアのポリベント高通気タイプに、次世代の高い技術が組みこまれた新製品が誕生しました。

プレスリリース

コンパクトで通気量2倍、かつ難燃性向上
異常気象に耐える高通気ベント、誕生

公開日: 2017年1月16日

ゴア® プロテクティブベント・スクリューイン (ネジ込み型)シリーズの性能をさらに高めた、次世代のポリベント高通気タイプの新製品を本日より発売します。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。