製品概要

有人宇宙飛行でのダウンタイムを最小化
有人宇宙飛行でのダウンタイムを最小化

有人宇宙ミッションで、ゴアのLEO用宇宙用ケーブルは信頼性の高いデータ伝送を提供し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

低軌道の飛行で、ケーブルは大きな負荷の下で機能する必要があります。摩擦や極端な温度といった厳しい条件下では、ケーブルは硬化し損傷しやすくなります。また、重要データの伝送不具合からダウンタイムが発生し、多額の出費に結びつく可能性も高くなります。

ゴア® 宇宙用ケーブル、LEO(低軌道)用タイプSPMは、インテグレーションチームのスケジュールの遅延やダウンタイムを回避します。ESCC 3901/018規格を満たすケーブルは、特に人工衛星や有人宇宙ミッション、輸送機での使用に適します。

強力な絶縁体の働きにより、ケーブルはこすれによる摩耗やその他のストレス要因への優れた耐性を備えています。また、熱安定性も特長の一つで、最低-200℃~最高+200℃という極端な温度に達する宇宙飛行環境で、ゴア® 宇宙用ケーブルは信号品質(シグナルインテグリティー)を維持することが可能です。さらに、化学的に不活性な特性により、低軌道宇宙環境に存在する原子状酸素への抵抗性も備えます。

ケーブルの基礎となる科学的データ

ゴアの宇宙用ケーブルの優れた性能の鍵は、ケーブルの絶縁体に使用されている素材、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)です。ePTFEを組み込んだゴアのハイブリッド絶縁体は、今日市販されている製品の中で最大のATOX耐性を発揮します。ゴア® 宇宙用ケーブル、LEO(低軌道)用タイプSPMは、化学的に不活性で耐熱性に優れたePTFEの特性により、低軌道宇宙環境に存在する原子状酸素への優れた耐性を備えます。

主な特長と利点

ESAの認定部品リストに含まれるゴア® 宇宙用ケーブルLEO(低軌道)用タイプSPMは、次のような多くの特長を備えています。

  • こすれ・摩擦への高い耐性
  • 優れた切断耐性
  • -200℃~+200℃の広い温度範囲で動作

こうした特長により、以下のメリットをもたらします。

  • 堅牢な絶縁材による長い耐用期間
  • 広い温度範囲での高い信頼性
  • ESA認定および DIN EN ISO 9001:2008認定の製造設備による確かな信頼性

ゴアは世界中の技術チームによる優れた営業・技術サポートを提供しています。ゴアのLEOアプリケーション宇宙用ケーブルの特長と利点についてのご質問などは、こちらからお問い合わせください

ゴア® 宇宙用ケーブル、LEO(低軌道)用タイプSPMは、次の用途で優れた性能を発揮します。

  • DC電力供給
  • 低周波数の用途
  • 光学機器
  • 微小重力実験装置

以下をはじめとする数々の重要宇宙ミッションで優れた信号品質(シグナルインテグリティー)を提供し、その信頼性が認められています。

  • ATV(自動輸送機)
  • ISSのコロンバスラボラトリーモジュール
  • ERM(欧州ロボットアーム)
  • 国際宇宙ステーション (ISS)
  • IXV(宇宙往復実験機)

ゴアは25年以上にわたり、信頼性の高いケーブルソリューションを宇宙産業に提供し続けてきました。100%の成功率を誇るゴアのケーブルは、厳しい用途条件に合った信頼性と耐久性を備える製品開発のために、お客様と連携しながら取り組んできた努力の成果です。

製品仕様

特性
最低動作電圧 600 V RMS
導体 銀メッキの銅または銅合金、真円芯
絶縁体 二重構造:ePTFE+ポリイミド+PTFE
外側ジャケット PFA(ポリテトラフルオロエチレン)(
温度範囲 -200°C~+200℃

 

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品および医療機器の製造、加工ならびに包装工程にはご使用いただけません。