ゴア® トラックレスケーブル

ゴアの自立型ケーブルは、ケーブルトラックやケーブルチェーンを一切必要としないため、ケーブル管理システムを簡素化することができます。ゴア® トラックレスケーブルは、発塵、振動、大型化、重量に起因する多くの問題を解決することができます。さらに、高い位置精度、より高速なストローク速度、より静かな動き、安定した装着性、よりクリーンな運転を可能にします。

資料ダウンロード

Trackless High Flex Cable

工業オートメーション/ 過酷な環境向け 工業オートメーション

製品概要、製品の特長と利点、仕様、代表的な芯線のイラストなどを含めた詳しい情報はこちら。

Japanese

関連資料: ゴア® トラックレスケーブル

オンラインツール:

製品概要

ゴア® トラックレスケーブルを使用することで、自動設備メーカーは、下記の特性を通じてコストを大幅に削減することが可能です。まず、フラットな構成を採用しているため、ケーブルチェーンでディバイダーとシェルフを使用する必要がありません。そのため、ケーブルシステムの総重量を減らすことができます。さらに最高3本のケーブルを一緒に積み重ね、総フットプリントを縮小することも可能です。

また、ジャケット構造に軽量のePTFEを使用しており、その厚さは、丸形ケーブルジャケットの厚さの2分の1から3分の1程度であり、UL規格の安全性と難燃性の基準も満たしています。より小さなケーブルチェーンも使用できる場合も多く、場合によっては、まったく使用せずにすむ場合もあります。これによって可動ケーブルシステムの総コストをさらに引き下げることができます。ゴアのトラックレスケーブルは、高い位置精度、より高速なストローク速度、より静かな動き、安定した装着性、よりクリーンな運転を可能にします。

発じん性を低減

ISOクラス1の認証を受けたゴア®トラックレスケーブルは、低い発じん性が要求されるクリーンルームや真空環境でも安心してご利用いただけます。VDIガイドライン2083とISO14644-1に規定された計算式を使って、ドイツのフラウンホーファー研究所は、ゴアのケーブルが微粒子を放出する確率を、0.1%未満と算出しました。ケーブルキャリヤで繰り返し屈曲されても、低い発じんレベルを維持します。この絶縁材は不活性であるため、ガス抜けの可能性もありません。

フラウンホーファー研究所の研究に関する完全な詳細は、こちら(英語ページ)をご覧ください。

屈折寿命は実証済み
ゴア® トラックレスケーブルなら、発塵、振動などのケーブルトラックに起因する多くの問題に悩まされることはありません。

ゴア® トラックレスケーブルなら、発塵、振動などのケーブルトラックのようなケーブルトラックに起因する多くの問題に悩まされることはありません。

ゴア® トラックレスケーブルは、優れた屈曲寿命と信号の完全性が絶対的な要求であり、他のケーブルであれば破損する用途においてもシンプルなケーブル管理システムを可能にします。これらのケーブルは、50ミリメートルの曲げ半径での1000万サイクル以上の試験に耐えた屈曲寿命を有し、さらに簡単に設置でき、信頼性を向上させ、ダウンタイムを短縮します。

ゴア® トラックレスケーブルは、さまざまなオートメーション用途で高い信頼性を発揮できるように設計されています。具体的には次のような用途です。

  • マシンビジョンシステム(カメラ)間で動くケーブル
  • コントロールネットワーク
  • デジタルビデオカメラ
  • 相互接続表示
  • 外部配線
  • 高速データリンク
  • 高速イメージスキャン/画像処理
  • ラップトップスクリーン

個々の用途に関する詳細は、こちらからお問い合わせください

主な特長と利点

ゴアが設計したゴア® トラックレスケーブルは、要求度の高い環境で優れた耐久性を発揮することを可能にするさまざまな特長を備えています。

  • ディバイダーとシェルフ不要のフラットな自立型構成
  • 50ミリメートルの最低曲げ半径での1000万サイクルの試験で実証された屈曲寿命低摩擦で、化学的に不活性で、発塵しない絶縁材料
  • 低摩擦で、化学的に不活性で発じんしない絶縁材料
  • クリーンルームや真空環境で使用できるISO清浄度クラス1の認証を取得
  • マウンティングクランプを使用することで、標準構成にもカスタム構成にも対応

ゴア® トラックレスケーブル、製造業において電気的、機械的パフォーマンスを向上させる次のような多くの利点があります。

  • 過酷な環境下で信頼性の高い信号伝送が可能
  • 独自のジャケット材、シールド材が、発塵およびガス抜けを防止
  • 従来のケーブルチェーンとケーブルトラックに起因する振動がない
  • 軽量で柔軟性に富み、タイトな曲げ半径にも耐えるケーブルにより設置が容易
  • 実証済みの屈曲寿命により保守やダウンタイムを低減し、設備ライフサイクル全体を通じた総コストを削減

特長と利点の詳細については、こちらからお問い合わせください

電気的特性
特性
最大加速度 [G (m/sec2)] 4 (39)
速度 [in/sec (m/sec)] 最高100(2.5)
機械・環境特性
特性
最大自立ストローク長 [in (mm)]1 60 (1500)
最低曲げ半径 [in (mm)] 1.0 ~ 4.0 (25.0 ~101.0)
総幅[in (mm)] 1.05 ~ 2.60 (26.7~66.0)
ケーブル種類 信号、電力線、光ファイバー、圧力空気
使用温度範囲 (°C) -40 ~ 80°C
認証 UL2、CSA、CE

1 ベースプレートが必要
2 ULスタイル21090:80° C、圧力空気管はUL認定ではありません。

関連資料

最新ニュース

プレスリリース

日本ゴア、「SEMICON Japan」に クリーンルーム用途向けの新しいゴア® トラックレス低帯電ケーブルを出展

公開日: 2018年12月10日

日本ゴア株式会社は、クリーンルーム用途向け高屈曲ケーブルの新製品、ゴア® トラックレス低帯電ケーブルを「SEMICON Japan 2018」に出展します。この次世代ケーブルシステムは、フラットパネル/半導体製造設備で生産される多機能、高速、高密度機器に対して高まっている業界ニーズに対応しています。

プレスリリース

日本ゴア、「マイクロウェーブ展2018」に先進的なマイクロウェーブ/RFテストアセンブリを出展

公開日: 2018年11月28日

日本ゴア株式会社は、高い周波数で動作し、長期的な信頼性を提供するマイクロウェーブ/RFソリューションを拡充しています。このたび、5Gテクノロジーテストシステムで課題となる再現性の高い測定とトータルコストの削減を可能にする先進的なマイクロウェーブ/RFテストケーブルアセンブリを「マイクロウェーブ展2018」に出展します。

イベント

「SEMICON Japan 2018」出展のお知らせ

2018年12月12日 - 2018年12月14日

東京ビッグサイトで3日間開催される、エレクトロニクス製造サプライチェーン最大のイベントである「SEMICON Japan 2018」に出展します。日本ゴアのブース(ブース番号:2608)では、低発じん、低帯電、真空など要件の多い過酷なクリーンルーム環境において、高速で信頼性の高い伝送信号品質を提供する各種高機能ケーブルを中心に、半導体業界におけるさまざまな課題を解決するソリューションをご紹介します。日本ゴアのブースにぜひお立ち寄りください。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。