ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ 110GHz

ゴアは、時間の経過とともに発生する試験の総コストを低減しつつ、試験システムの性能を最適化する頑丈で軽量な110GHzテストアセンブリを提供しています。ゴアのケーブルアセンブリは、過酷な環境下で曲げや温度に対して信頼性の高い電気的性能を発揮します。

資料ダウンロード

GORE® PHASEFLEX® Microwave / RF Test Assemblies

ケーブル & ケーブルアセンブリ

代表的な用途、製品の特長と利点、内部構造図や使用一覧、品番などを含めた詳しい情報はこちら。

Japanese

関連資料: ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ 110GHz

製品概要

マイクロウェーブ/RF テストアセンブリの75%以上が、接続時または使用時の損傷によって頻繁に交換されていることが最近の調査で明らかになっています。ケーブルアセンブリは常に、動かされ、曲げられ、さまざまな環境条件に晒されます。ケーブルアセンブリには、それらの負荷に耐え、時間が経過しても信頼性の高い電気的性能を維持できる耐久性が必要になります。

頑丈な構成により、より長い耐用寿命を提供

ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリのポートフォリオの1つである110GHzテストアセンブリは、曲げと温度における優れた安定性を確保しながら、損傷なく曲げられ、成形、移動が可能です。これらの頑丈で軽量なケーブルアセンブリは、長い耐用寿命が期待でき、要求度の高い環境下で、信頼性の高い電気的および機械的性能を発揮します。ゴアの110GHzテストアセンブリは、試験時に低VSWR、低挿入損失を維持します。

PHASEFLEX®マイクロウェーブ/RF ケーブルアセンブリ、110GHz-VSWR
PHASEFLEX Microwave/RF Test Assemblies, 110 GHz - Insertion Loss

16cm(6.3インチ)のアセンブリ長に基づくゴアの110GHzテストアセンブリのVSWR代表値と挿入損失

ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリは、さまざまな試験や測定の用途で高い信頼性を発揮するように設計されています。主な用途は次のとおりです。

ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ

写真提供:Agilent Technologies, Inc.

  • 無響室
  • アンテナ評価
  • 自動試験装置
  • ベンチトップ試験
  • EMC試験
  • RF高速量産試験
  • 近接スキャナー
  • ポータブルアナライザ
  • スカラ・ネットワークアナライザ
  • 試験機用ラックシステム
  • ベクトル・ネットワークアナライザ(VNA)
  • 無線通信モジュール検査

ご質問や、個々の適用要件についてのご不明点などは、お問い合わせください。

特長と利点

ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリは、過酷な環境でも優れた耐久性を発揮できることに重点を置いて設計されています。主な特長は以下の通りです。

  • トルク、押しつぶし、よじれ耐性
  • 磨耗耐性
  • 耐塵性、耐湿性
  • 耐化学薬品性
  • 幅広い温度範囲
  • 高い引張強度のコネクタ

ゴアのケーブルアセンブリは、電気的、機械的性能の向上をもたらす多くの利点を備えています。

  • 最大110GHzの安定した電気出力による、一貫した再現可能な測定
  • 押しつぶし(クラッシュ)、ねじれ、よじれに対する耐久構造による長い製品寿命
  • 屈曲と温度による負荷がかかる条件での優れた位相と振幅の安定性
  • 持続的で確実な性能による出力向上およびダウンタイムの減少
  • ケーブルアセンブリの性能を最適化するように設計された、多彩なコネクタオプション

 

ゴアのケーブルアセンブリの特長と利点の詳細については、お問い合わせください。

 

ゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリの構造
PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリの構造
A
B
C
D
E
F
G
H
I

編組外部被膜

Close

外部結合材

Close

編組強化部材

Close

耐圧部材

Close

内部被膜

Close

内部編組材

Close

電気遮蔽材

Close

ePTFE誘電体

Close

中心導体

Close

以下の値はゴアの110GHzテストアセンブリの電気的、機械的、環境的性能を示します。

比較試験データ、コネクタオプション、注文情報など、さらに詳しい技術情報については、データシートをダウンロードしてください。

電気的特性
ケーブル型番 CX
最大周波数 (GHz) 110
VSWR(代表値) 1.20:1
挿入損失(代表値、dB) 2.14
インピーダンス(公称、Ω) 50
位相安定(代表値、度)2 ±1.0
振幅安定(代表値、dB)2 < ±0.05
誘電率(公称) 1.6866
伝播速度(公称、%) 77
遮蔽効果(dB、18 GHzまで)3 > 100
時間遅延(公称)[ns/cm(ns/in)] 0.04 (0.103)

 

機械的・環境的特性
ケーブル型番 CX
中心導体 単線
外径 [mm(インチ)] 4.2 (0.167)
公称重量 [g/m(oz/ft)] 55.8 (0.60)
最小屈曲半径 [mm(インチ)] 10.2 (0.40)
温度範囲(˚C) -55~125
圧壊耐性 [kgf/cm (lbf/in) ] 44.6 (250)

説明動画

ゴア® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリの利点についての説明映像です。ゴアのYouTubeチャンネルでもさらに多くの動画がご覧いただけます。

関連資料

最新ニュース

プレスリリース

日本ゴア、「マイクロウェーブ展2018」に先進的なマイクロウェーブ/RFテストアセンブリを出展

公開日: 2018年11月28日

日本ゴア株式会社は、高い周波数で動作し、長期的な信頼性を提供するマイクロウェーブ/RFソリューションを拡充しています。このたび、5Gテクノロジーテストシステムで課題となる再現性の高い測定とトータルコストの削減を可能にする先進的なマイクロウェーブ/RFテストケーブルアセンブリを「マイクロウェーブ展2018」に出展します。

イベント

「SEMICON Japan 2018」出展のお知らせ

2018年12月12日 - 2018年12月14日

東京ビッグサイトで3日間開催される、エレクトロニクス製造サプライチェーン最大のイベントである「SEMICON Japan 2018」に出展します。日本ゴアのブース(ブース番号:2608)では、低発じん、低帯電、真空など要件の多い過酷なクリーンルーム環境において、高速で信頼性の高い伝送信号品質を提供する各種高機能ケーブルを中心に、半導体業界におけるさまざまな課題を解決するソリューションをご紹介します。日本ゴアのブースにぜひお立ち寄りください。

イベント

「マイクロウェーブ展 2018」出展のお知らせ

2018年11月28日 - 2018年11月30日

11月28日からパシフィコ横浜で3日間開催される、マイクロ波技術関連の学術や産業に関する国内最大規模のイベント「マイクロウェーブ展 2018」に出展します。日本ゴアのブース(ブース番号:G-03)では、5G実現に向け大きな課題となる再現性の高い測定とトータルコストの削減を同時に可能にする、テスト用ケーブルソリューションをご紹介します。

プレスリリース

日本ゴア、新製品のゴア®PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリ「0Nタイプ」を「MWE 2017マイクロウェーブ展」に出展

公開日: 2017年11月27日

日本ゴア株式会社は、高密度配線テスト/接続向けのゴア® PHASEFLEX® マイクロウェーブ/RFテストアセンブリの新製品を、パシフィコ横浜で11月29日(水)から12月1日(金)まで開催される「MWE 2017マイクロウェーブ展」(ブース番号:J-03)に出展します。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品または医療機器の製造、加工、包装工程にはご使用いただけません。