フルードリザーバー向けゴア® オートモーティブベント

ゴアのオートモーティブ・フルードリザーバー・ベントは、圧力差を効果的に管理し、異物混入を防止するとともに、フルードリザーバーの性能や、フルードに関連する部品や機構の性能の低下を防止します。

製品概要

エンジンルームや車体の下に設置されたフルードリザーバーは、激しい温度変化により空気の膨張と収縮が発生します。さらに、高度変化によって圧力差が生じ、水、土ぼこり、粉じん、ごみ、自動車用の各種フルードなどのさまざまな異物がリザーバーに引き込まれてしまい、リザーバーや関連システムの性能が低下する可能性があります。

新しいフルードリザーバー設計では散水や飛沫に対する課題があり、これらからフルードリザーバーを保護し、長期的な信頼性を確保しなければなりません。

ゴアの最新のオートモーティブベント製品では以下の特長により、フルードリザーバーとそれに依存する部品の耐久性と保証性能を向上させることが可能です。

  • 水の浸入の防止
  • リザーバーと環境の圧力差の調整
  • 微粒子からの保護、粉じん、土ぼこり、破片の進入の防止
  • 洗車液、潤滑剤などのオートモティブフルードに対する耐性

ゴアの開発したオートモーティブベントをご使用いただければ、ディーゼルエンジン車におけるSCR(選択的触媒還元)システム用の尿素リザーバーなど、フルードリザーバーの通気に関する各種ニーズに対して、単一のソリューションで対応可能です。ゴアのオートモーティブベントは省スペース構造で、標準サイズでもお客様の要望に合わせたサイズのいずれでもご用意でき、生産時の取り付けも簡単に行うことができます。

こうしたことから、フルードリザーバーのベントは、コスト低減、および信頼性の向上にも役立ちます。

製品仕様

ゴアは、オートモーティブフルードリザーバー用途に対して数種類のベントを用意しています。性能の一貫性、信頼性を確保するため、すべての製品について徹底的な試験を行い、妥当性を確認しています。

これらは、尿素/SCR用途向けのオートモーティブベントの中でも特によく使われている製品です。具体的な用途についてのご相談の場合は、お問い合わせください。それぞれの用途に必要な事項を確認し、それぞれの用途が標準的なベント製品で対応可能か、お客様独自のベント製品が必要か検討を行います。

パワートレインベント フルードリザーバーベント:尿素/SCR(選択的触媒還元)
  フルードリザーバー
製品型番 AVS90 AVS92 AVS93 AVS94 AVS95
供給形態別型番 VE2071 VE2073 VE2074 VE2076 VE2080
外径 ø 28mm ø 32mm ø 26mm ø 30mm ø 38.5mm
部品/用途 尿素溶液リザーバー
ベントの主な機能 内圧調整、粉じん・土ぼこり・ごみからの保護、水の浸入からの保護
メンブレンのタイプ AM1XX-ePTFE100%、撥水・撥油性
取り付け方法 溶着
使用温度 -40℃~160℃
標準通気量 10.3 L/hr/cm²
耐水圧(アセンブリ) ≥ 60.0kPa (600 mbar, 8.7 psi)、 30秒
使用上の注意事項 ベントが尿素溶液に絶えず接触する状態は推奨できませんが、たまに飛沫がかかる程度であれば問題ありません。ベントの配置および防水設計については、ご相談ください。
ベント取り付け箇所 溶着についての推奨事項:熱可塑性プラスチック製ハウジング材の大半、超音波溶着又は熱溶着、溶着部は尿素側を向いていること

関連資料

最新ニュース

プレスリリース

ゴアの結露防止技術、2020 AUTOMOTIVE NEWS PACE AWARDのファイナリストにノミネート

公開日: 2019年12月20日

結露防止デバイス、ヘッドランプ内部の水分を一方向に排出・除去する業界初のソリューションを提供

ニュース

新次元のヘッドランプ結露防止効果を実現

公開日: 2019年12月19日

ヘッドランプの結露は、車載ランプ業界で繰り返し問題になっています。既存の通気ソリューションはこうした結露を低減できるだけで、持続可能な防止策ではないことから、業界でフルLEDヘッドランプへの移行が進むにつれて、結露はより大きな技術的課題となっています。

ニュース

より軽量で薄型のバッテリーボックスの設計を可能に

公開日: 2019年5月9日

世界のバッテリーメーカーは、バッテリー式電気自動車(BEV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)向けに最適化された信頼性の高いバッテリーボックスの設計に取り組んでいます。未来のバッテリーボックスには、通常の運転条件下と過酷な運転条件下のいずれでもバッテリー・コンポーネントを信頼性の高い方法で保護すると同時に、現在の製品に比べスペース、容積、重量を低減することが求められます。

プレスリリース

ゴア、EV用バッテリーボックスの設計自由度を向上するゴア™ 低圧解放ベントを発表

公開日: 2019年5月9日

日本ゴア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ピート・クビッツネ)は、バッテリー式電気自動車(BEV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)などに向けた未来のバッテリーボックスの設計の柔軟性を高める新技術を発表しました。新製品のバッテリーボックス向けゴア™ 低圧解放ベントは、リチウムイオン・バッテリー・コンポーネント/ボックスに固有の技術的課題に対応することにより、設計自由度の向上を可能にします。

ニュース一覧へ

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品および医療機器の製造、加工ならびに包装工程にはご使用いただけません。