製品概要

宇宙用高電圧ケーブルの製品寿命をより長く

宇宙機内のケーブル敷設は、時間を要する困難な作業です。ゴアの宇宙用高電圧ケーブルは、最大定格電圧で 10,000 時間以上にわたり安定した性能を発揮し、ケーブル敷設作業の頻度を低減します(定格電圧は実際の動作条件下で長年にわたって記録されたテストデータに基づきます)。

フックアップワイヤー、リボンケーブル、丸形ケーブルとして提供されるゴアの宇宙用高電圧ケーブルは、電源供給装置やアンプ、進行波管、高電圧配線など、長期間にわたって高い信頼性が要求される用途向けに特別な設計が施されています。

ケーブルの基礎となる科学的データ

ゴアの宇宙用高電圧ケーブルの優れた性能の鍵は、ケーブルの絶縁体に使用されている独自仕様の素材、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)です。ゴアはこの独自の技術によって特殊なコロナ耐性PTFEを開発しました。絶縁材に閉じ込められた気体分子は、高電圧印加されるとイオン化してコロナ放電を引き起こし、その結果、絶縁体に損傷を与え、気体分子のイオン化がさらに促進されます。

ゴア® CR-PTFE は、メンブレンを通して気体分子を放出し、絶縁体の損傷を回避します。また、化学的に不活性で熱安定性に優れたPTFE ファイバーの特性により、ゴアの宇宙用高電圧ケーブルは短時間であれば、極低温の環境や最高300℃までの高温下でも使用できます。

軌道に上がる際に発生する余分なガスからケーブルを保護するために、微多孔質のGORE-TEX® ファイバーでできた補強用ジャケットをケーブルに追加できます。このジャケットはガス分子と空気をケーブルから完全に放出し、それによりケーブル損傷の可能性を排除します。

ゴアの宇宙用高電圧ケーブルの一般的な用途は次のとおりです。

  • 進行波管(TWT)
  • 電源およびルーター
  • 高電圧配線

コロナ耐性(CR)PTFE絶縁体の特性に基づくケーブルの優れた性能が認められ、ゴアの宇宙用高電圧ケーブルは数多くの重要宇宙ミッションで使用されてきました。

  • 欧州通信衛星 (ECS)
  • 欧州リモートセンシング衛星 (ERS)
  • ホットバード衛星
  • インテルサット通信衛星
  • レーダーサット衛星(RADARSAT)

ゴアは25年以上にわたり、信頼性の高いケーブルソリューションを宇宙産業に提供し続けてきました。100%の成功率を誇るゴアのケーブルは、厳しい用途条件に合った信頼性と耐久性を備える製品開発のために、お客様と連携しながら取り組んできた努力の成果です。

 

主な特長と利点

ゴアの宇宙用高電圧ケーブルの最も大きな特長は、特殊設計のコロナ耐性(CR)PTFE絶縁体です。CR-PTFEは次のような多くの長所を備えます。

  • 化学的に不活性で不燃性
  • 電気機械的ストレスクラックに対する高い耐性
  • 広範なAWGサイズ

このような特長により、ゴアの宇宙用高電圧ケーブルは次のような利点をもたらします。

  • 極端な環境下で傑出した信頼性を発揮
  • 特殊な絶縁材による長寿命
  • 広範な温度条件で確実な性能を提供
  • ESA認定およびドイツ工業規格 DIN EN ISO 9001:2000認定の製造設備による確かな信頼性

ゴアは世界各国の技術チームによる販売・技術サポートを提供しています。ゴアの宇宙用高電圧ケーブルの特長と利点についてのご質問などは、お問い合わせください

ゴアの宇宙用高電圧ケーブルの全製品は、以下の技術仕様に適合しています。

特性
最大動作電圧 1.5 kV AC (3.0 kV DC) ~16 kV AC (36 kv DC)
導体 銀メッキされた銅または銅合金、正確な同心状態
絶縁体 コロナ耐性PTFE
外側ジャケット ePTFEおよび/またはPTFE
温度範囲 -200°C~+180°C

 

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品および医療機器の製造、加工ならびに包装工程にはご使用いただけません。