製品概要

宇宙産業の電子機器は、ミッションの全期間を通して安定的に機能する必要があります。確実な電子制御に求められるのは、効果的なシールドと一貫した高い信号品質(シグナルインテグリティー)を提供し、低重量設計により宇宙船の打ち上げ質量削減に貢献できるケーブルです。

ゴア® GEO(静止軌道)用宇宙用ケーブルタイプSPLDは、宇宙ミッションに不可欠な優れた品質の信号を提供します。また、その軽量小型の設計は大量生産にも適します。これらのケーブルは、ゴア® 宇宙用ケーブルタイプSPLと同様の設計と機能を備えていますが、コンタクトへの終端処理を容易にするドレインワイヤーが付加されている点が異なります。

ケーブルは非常に高い屈曲性と耐久性を備え、最もコンパクトな構成でも設置が容易です。さらに、軽量で小型なケーブルの構成が宇宙船の打ち上げ総質量を削減し、貴重な重量を別の重要システムに割り当てることが可能です。

ESA規格ESCC 3901/021に適合するゴアのケーブルが、確かな信頼性を約束します。

ケーブルの基礎となる科学的データ

ゴアのケーブルの優れた性能の鍵は、ケーブルの絶縁体に使用されている素材、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)です。この特殊な絶縁体は、導体を負荷と損傷から保護しながら、ケーブルの屈曲性を向上させます。ePTFE素材はまた、擦り減った絶縁体の手入れを不要にし、その特殊な構造はケーブル全体の径を細くするため、非常に小さな筐体にケーブルを収容できます。

ゴア® GEO(静止軌道)用宇宙用ケーブルタイプSPLDは、次の用途で多く使用されています。

  • DC電力供給
  • 低周波数の用途
  • 光学機器

人工衛星エンビサットやXMMなどの多くのクリティカルな宇宙船ミッションに採用され、その信頼性が認められています。

特長と利点

ゴア® GEO(静止軌道)用宇宙用ケーブルタイプSPLDの特長は次の通りです。

  • 少ない打ち上げ質量
  • 小さいケーブル径
  • 高い温度範囲
  • 優れた屈曲性
  • コンタクトへの終端処理を容易にするドレインワイヤー

こうした特長により、次のメリットをもたらします。

  • 信頼性の高い信号品質(シグナルインテグリティー)
  • ケーブル小型化の結果、別の重要サブシステムのためのスペース確保が可能
  • 堅牢な設計による長い製品耐用期間
  • 性能を損なうことなく、取り付けとメンテナンスの費用を削減

ゴアは世界各国の技術チームによる販売・技術サポートを提供しています。ゴアの宇宙用ケーブルの特長と利点についてのご質問などは、こちらからお問い合わせください。

ゴア® GEO(静止軌道)用宇宙用ケーブルタイプSPLDの全製品は、ESCC 3901/021に沿った次の特性を備えます。

特性
最大動作電圧 600 V RMS
導体 銀メッキの銅または銅合金、真同芯
絶縁体 二重構造:ePTFE+ポリイミド
外部皮膜 ポリイミド
温度範囲 -200°C~+200℃

 

ゴア® 宇宙用ケーブルタイプSPLDの詳細は、ゴア宇宙用ケーブル製品ラインアップをダウンロードしてご参照ください。

関連資料

本製品は、工業製品に限定してご使用ください。

食品、医薬品、化粧品および医療機器の製造、加工ならびに包装工程にはご使用いただけません。