原子力産業用
高屈曲ケーブルアセンブリ

ゴアの原子力産業用高屈曲ケーブルアセンブリは、原子力の再処理、保管、廃炉の用途向けに設計された、高い信頼性と長い屈曲寿命が特長のケーブルシステムです。優れた放射線耐性、難燃性、耐薬品性を備えるこの軽量小型のカスタマイズ・ケーブルソリューションは、中程度から高い放射線が存在する過酷な環境に耐え、腐食や変質のない確実な性能を提供します。

製品概要

ゴアの原子力産業用高屈曲ケーブルアセンブリは、原子力の再処理、保管、廃炉の用途向けに設計された、高い信頼性と長い屈曲寿命が特長のケーブルシステムです。優れた放射線耐性、難燃性、耐薬品性を備えるこの軽量小型のカスタマイズ・ケーブルソリューションは、中程度から高い放射線が存在する過酷な環境に耐え、腐食や変質のない確実な性能を提供します。全ての材料はハロゲンフリーで、10~8Radの放射線耐性があり、UL認定を取得しています。ケーブルからコネクターへの信号は、ゴア独自の終端形式によって確実に伝送されます。また、 ミレーネ(Milene)を絶縁体の一部として使用することで、より小型のケーブルソリューションが可能になりました。 ゴアが設計、製造するこの特殊なケーブルシステムは、原子力産業が直面する極めて複雑で困難なケーブル管理の問題を解決します。

設計段階で考慮すべき事項
  • 各構成要素の電気的要件
  • 導線の材料と撚線加工
  • 絶縁材
  • 内部および外部のEMI シールド
  • ケーブルの屈曲寿命
  • 環境要件
  • ジャケット材料の特性
  • ケーブル設計内のコンポーネントの位置決め
ケーブルに使用されている非電気構成部品
  • ストレインメンバー(抗張力体)
  • 油圧チューブ
  • 流路
  • コネクターシステム
コネクターシステム

これまでの実例から、コネクターとケーブルの接点部分に故障が発生しやすいことがわかっています。 ゴアは応力点を減らすために一連の改良や成形開発を行い、システムの信頼性を高めました。

ストレインメンバーの終端

ゴアは経験をベースに試験を重ね、回収と引き上げのためにストレインメンバー(抗張力体)をケーブルに組み込む設計方法を開発しました。同時に、この種のストレインメンバー用に独自の終端形式も設計しました。ご要望に応じて引張試験の詳細データと結果証明を提供しています。

  • ハロゲンフリーの材料
  • カスタムケーブルソリューション
  • UL認定
  • 長い屈曲寿命
  • ケーブルの直径と重量の削減
  • 放射線耐性
  • 難燃性
  • 耐薬品性

製品仕様

放射線耐性 総被曝量 5 x 106グレイ(5 x 108 Rad)
広い温度範囲 -20°C ~ +90°C
難燃性 ULおよび欧州規格
曲げ半径 静的曲げ半径:ケーブル径の5倍
動的曲げ半径:ケーブル径の10倍

 

関連資料